ビットコインは税金がかかる

ビットコインと投資目的に利用をしている方、今後利用をしたいと思っている方などいろいろな考えを持っている方も多いでしょう。

 

そこで気になるのが、ビットコインを投資目的で購入をした場合に所得税などの税金がかかるのかと言う点です。これについて調べてみましたので書いてみたいと思います。

 

 

毎日の相場の変動があるビットコインなので税金がかかるのか?注目をしたいですね。

ビットコインは税金を支払うも必要がある

株の取引の場合は平成の26年以降に20.315%(所得税15.315%と住民税が5%)の税金が必要となります。ビットコインに関していろいろと調べてみると税金がかかることがわかりました。

 

扱いは「金」と同じ扱いとなるみたいで譲渡所得がかかるみたいです。つまり、ビットコインは仮想通貨と呼ばれており実態はないのですがモノとして扱われるみたいですね。

 

そのため、ビットコインの取引で得た譲渡益に関しては所得税か課せられます。もちろん、売買取引で手にいれた場合は消費税も課税されることとなります。しかし、安心をしてほしいことがあり、50万円以下の譲渡益に関しては特別控除枠がありますので年間50万円以下なら確定申告は不要となっています。

 

ちなみに、採掘でビットコインを手に入れた場合には雑所得または事業所得をして扱われることになります。

 

ビットコインの税金ならわからないと思っている方もいらっしゃいますが、それは間違いです。ブロックチェーンの仕組みによりすべての履歴が残ることになりますので脱税は不可能となっています。

 

そのため、50万円以上の利益が出ているなら確定申告をきちんと行うようにしてください。

ビットコインは消費税は不要?

今後日本でもビットコインが普通に扱われるようになります。

 

その場合に大事なことがあり、日本政府がビットコインの消費税を非課税にする方針を示しています。現在(2017年3月現在)は8%の消費税がコストとしてかかっていますが、その手数料の高さから投資を控えたり、買い控えをしている方もいらっしゃると思います。

 

しかし、その方針が現実的なものになった場合には今後さらにビットコインを購入する方も増えていくと思いますね。

 

この消費税が無くなると外資預金よりも圧倒的に低い金額で購入をすることが可能となりますので購入コストを抑えながら投資を行うこともできます

 

4月にどのように税金が動くのか?ビットコインから目が離せないですね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)