ビットコインの税金 課税対象で区分は雑所得

ビットコインの税金については不明な点も多かったですが、今回正式に決まりました。

 

今回の税金対応は課税対象となるみたいですね。

 

この対応については国税庁がタックスアンサーでガイドラインとして提示をする形となりました。

 

タックスアンサーを見てみると、ビットコインを使用する際に生じた利益に関してはすべて課税対象であり、売買によって生じた損益は「雑所得」に区分されるそうです。

 

これまでビットコインの税金に関して明確な情報はなかったのですが、会計処理に関して明確な情報が提供をされたことにより迷うことがなく会計処理をすることとなります。

 

今まではどうなっていたのかというと個人の判断によるものが大きかったようですね。

 

ちなみ上記の判断に関しては「予想通り」「妥当だ」という意見が多くありますね。

 

今回のこの会計処理に関してこのタイミングででた理由は、ユーチューバーのヒカルやラファエルらはVALUという仮想株式投資に関して問題を起こしたことによる早急な対応になるそうです。

 

今後は会計で明確な会計処理が必要となりますので注意をしましょう。

 

国税庁の公式はこちら

 

また2017年の1月は10万円前後だったビットコインが一気に価格を跳ね上げて50万円近くまで跳ね上げたことによる影響みたいです。

 

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)