ビットコインの売り方 日本円を手に入れる方法

ビットコインは様々な利用の方法がありました。

 

現金の代わりに持っていることで、仮想通貨をして実際に使うこともできますし、投資目的で安値の時に購入をして高値の時に売ればそれだけ利益を出すことができます。

 

他にも送金や決済時に手数料の安さなどメリットがありますが、実際にビットコインを購入してから「売る方法」ってどうやるのか?具体的に難しいですよね。

 

そこで、ビットコインの売り方について紹介をします。

ビットコインの売り方は簡単 取引所で売買

ビットコインの売り方は簡単です。

 

買う方法の逆をすればそれで完了しますので、ビットコインの買い方をまずはおさらいしましょう。ビットコインを購入するとなった場合には取引所で口座を開設しなければなりません。

 

そのため、コインチェックやビットフライヤーなど日本でも大手の取引所へまずは登録をして口座を開設することから始まります。口座を開設すればその場で購入をすることができますし、ウォレットを持っていればビットコインのATMでも購入が可能となります。

 

現金やクレジットカードで実際にビットコインを購入することができます。では、逆に売りの方法について実際にご紹介をします。

 

売り方法は購入方法の逆をすればOkとなります。

 

取引所へ購入や買うとは逆のボタンをクリックしましょう。「売却」「売る」などのボタンがありますのであとはそのまま売ればOKとなります。

 

この方法ならばパソコンやスマホがあれば可能となりますのでとても便利ですね。また、売却をすることができるATMもありますのでその場で現金化をすることも可能です。

 

中には即時換金をすることも可能なビットコインの取引所もありますので便利ですね。この売却の方法の場合は取引手数料は0.2~0.5程度が相場となっていますので1万円を換金しても50円程度。

 

そのため、ビットコインで海外へもっていって換金をすれば空港などで換金するよりも手数料を抑えることができるというメリットもあります。

ビットコインの売り方を確実にする方法

これは投資目的でビットコインを購入している方にお伝えしますが、確実に負けない方法は購入をした時よりも高い価格で売却をすること。

 

これだけです。

 

安全に確実に損益を出さないため大事なことですね。もちろん価格が購入をした時よりも下がっているならそのまま持っておく方があとから価格が上がってくる可能性もありますのでおすすめと言えます。

 

売買はとても簡単に手軽にスマホからでも出来ると言う点が大きなメリットと言えますね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)