ビットコインは中央銀行が管理をしていない

ビットコインはインターネット上で利用をすることはできるお金として人気を集めていますね。

 

そんなビットコインの仕組みについてはトップに書いていますので参考にしていただければわかるのですが、中央銀行がないと言うのが大きな特徴となっています。

 

中央銀行とは、国の金融組織の 中心的機関として通常特別の法律に基づいて設立された公共的な銀行のことを言いますね。日本の日本銀行が中央銀行となります。お金を発行したりすることでコントロールをしているのが日本銀行の役割で、日本銀行に信用があるので日本円も価値のあるものとなっています。

 

いわば、お金に関して何らかも問題があった場合に責任と取ってくれる人がいるわけではないのですが、ビットコインの場合はブロックチェーンで管理をされています。

 

ブロックチェーンはサトシナカモトが考えた画期的な考えで、中央銀行の機能を無くても使えるようにしました。

ビットコインは中央銀行の他にも仮想通貨にメリットあり

ビットコインは中央銀行が存在をしない仮想通貨となっていますが、ほかの仮想通貨も同じようになっています。

 

仮想通貨の価値は欲しい人や使いたい人がいるか?という単純な図式で成り立っています。そのため、需要が伸びればそれだけ価格もあがっていきますが、逆にこの仮想通貨に価値がないと判断をした人が多い場合に価値は下がっていく方向になっていきます。

 

中央銀行の役割としては、先ほども書いたようにお金を作ったりしてコントロールをする役割を担っています。最近は世界各国の中央銀行が独自の仮想通貨を発行していると言われています。

 

日本でも中央銀行以外に大手の銀行が仮想通貨を発行しようと計画を立てていると言われていますので日本銀行が仮想通貨を作る日も近いかもしれないですね。

ビットコインは中央銀行がない 仕組み

この中央銀行がない仕組みと作ったのはスゴイことなんです。

 

実際に中央銀行を作るとなった場合には莫大なコストもかかりますが、ビットコインの仕組みのようにブロックチェーンで管理をすれば莫大なコストを抑えることができます。

 

しかし、利用者側も注意をしなければならない事があります。ビットコインの管理はすべて自分でしなければならないと言うことです。

 

ビットコインの怖いところは、簡単に盗まれてしまう危険性があると言うことです。ウィルスで簡単にやられる可能性もありますのでそこは注意をしなければならないですね。

 

中央銀行がないというのがビットコインの最大のメリットとなっていますね・

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)