ビットコインの取引停止は前倒し

ビットコインが取引停止になると発表をしています。

 

その詳細に記事はこちらにかいていますので参考にしてください。

 

まず、決定をしたことは7月23日から利用が停止をなるということです。

 

ハードフォークの問題もひかえていることから、今後どのようなうごきになっていくのか?ビットコインのアナリストや大型の投資家なども一切に見極めることができていない状況のようですね。

 

いまのビットコインの状況についてまとめてみると。

 

まず取引量がどんどん増加傾向にあることからデータに時間がかかり、取引の確定に時間がかかるというデメリットが生まれています。

 

そのため、新たにビットコインを作っていけばより良いものになりますので分裂をするかもしれないと言われているんですね。

 

しかし、分裂をするとビットコインが暴落する可能性を秘めていることからビットコインの取引所はそのリスクを避けるためにビットコインの取引を停止して顧客の資産を守ろうと動いている状況です。

 

当初はビットコインの取引所の利用は8月1日に停止をするという流れになっていましたが、その取引停止の日時を早めることになりそうです。

 

 

その理由は7月23日にソフトフォークをする可能性もあり、8月1日にハードフォークの可能性もあることから早急に7月23日にビットコインの取引を業界団体・日本仮想通貨事業者協会(JCBA)が発表をしました。

ソフトフォークとハードフォークについて

ソフトフォークとはソフトフォークとは、ブロックチェーンのプロトコルに規定された検証規則をより厳密なものに変更することによって発生するブロックチェーンの分岐のことです。

ハードフォークはハードフォークは、ブロックチェーンのプロトコルに規定された検証規則を緩和することによって発生するブロックチェーンの分岐のことです。

 

この2つが起こる可能性があることから、ビットコインの取引所13社が一気に停止となります。

 

ソフトフォークとハードフォークの噂は本当なの不明な点も多いですが、今後を考えてみると可能性としてあり得ますので注意をしなければなりませんね。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)