ビットコインの取引停止による影響

ビットコインの取引停止が発表をされて、今回ついに取引停止が実施されました。

 

今回は8月1日にビットコインのハードフォーク問題と、それに併せて7月23日のソフトフォークの問題はあったことから日本にある国内の13取引所で一時的に取引を停止して状況により8月の初旬に復旧をされるというものになります。

 

取引所はビットコインの購入や売却を停止することは異例となっており、一番の目的な「利用者のビットコインの資産を守るため」となっていますね。

 

過去にマウントゴックス社の問題があったことからこのような対応になっている経緯もありますので今後どのようにビットコインが変わるか?不明な点も多いです。

 

今話題となっている8月1日のビットコインのハードフォーク問題も一部の投資家や専門家によっても意見が分かれており「分裂が起こる」という情報もあれば、「分裂は起こらない」という方もいますので正直まったく読めない状況といえますね。

ビットコインの分裂の理由

ハードフォークとはビットコインを分裂させて、新しいビットコインと、古いビットコインになるということです。

 

その分裂の理由は、ビットコインの利用者の増加によりビットコインの取引に時間がかかったりするような問題が起こっている経緯があります。

 

ハードフォークを簡単に説明すると、

簡単にいうと道路があり常に渋滞をしている道に新しく道をつくって交通渋滞を解消しましょう。

そのためには、1つの道よりも2つの道があるほうがスムーズに進むので分岐をさせましょう。

という考えです。

 

ただし、実際にビットコインは2つになることを避けられないので大きな問題になる可能性があるということになりますね。

 

分裂をすると一時的もしくは継続的にビットコインの価格は下落をしていくことになると思います。

 

そのリスクとビットコインを失わせないためにビットコインの取引を停止している経緯があります。

 

もし、分裂をした場合には「ビットコイン受け取ったはずなのにない」「ビットコインを送ったのに受け取れない」などの問題が生じる可能性もあります。

ビットコインの取引停止の影響

投資家や普段からビットコインを保管してもらえている状態になっており、何らかの問題が起こりビットコインの取引が永続的にできないとなった場合にはビットコイン分の現金が返金されるという対応になるみたいです。

 

一応利用者が損をしないような対応となりますが、今後どのように動き出すかは不明となりますので8月1日までは気を緩めることができない状況といえます。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)