ビットコインの取引停止13社が発表

ビットコインの8月1日のハードフォーク問題がかなり深刻化しており、一切の取引を日本の取引所13社が一斉に止めると発表をしています。

 

各取引所ともに仮想通貨の一種であるビットコインの取引の受け入れ、引き出しに関しての受付を8月1日より停止。

 

正直ビットコインのハードフォーク問題に関しては不明な点も多く本当に分裂をするのかも怪しいといえます。

 

しかし、今までのハードフォークの噂などによる対応と明らかに変わっている印象がありますので今後はどうなるか目が離せないですね。

 

予定では8月4日の16時までには元通りのビットコインの受け入れと引き出しを行う予定みたいです。

 

今回の取引停止の考えとしては事業者が保持をしているビットコインの規格複数が分裂をすることにより取引に影響を及ぼす可能性があるというものです。

 

「顧客資産の安全を守るため」のいう理由が一番の目的のようですね。

 

ビットコインの取引を停止する13社がこちら

 

ビットバンク
ビットポイントジャパン
QUOINE
フィスコ仮想通貨取引所
コインチェック
BTCボックス
テックビューロ
GMO-Z.comコイン
CAMPFIRE
ビットトレード
バイクリメンツ
東京ビットコイン取引所
みんなのビットコイン

 

なんと国内でも最大のビットフライヤーに関してはビットコインの取引の停止は行わない予定みたいですね。

 

ビットフライヤーのコメントとしては「今後必要であれば近くに対応について発表をする」ということです。

 

ハードフォークが起こるとシステムの問題や分裂をすることにより新しいビットコインが生まれますので取引も非常に複雑化する可能性も秘めています。

 

その理由から8月1日は停止をするみたいですね。

 

間もなく動き出すと思われますので私もビットコインの資産とどうしようか検討中です。

 

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)