ビットコインの手数料

ビットコインは送金や決済に時に手数料が少なく済むというメリットがあります。

 

これは仮想通貨の特徴いかした最大のメリットとも言えますね。仮想通貨なので実態がない。つまり、金額の管理はすべてネット上で管理をされおりお金を動かすと数字が動くと言うことになります。

 

つまり、実物を贈るわけではないので送金や利用の手数料を抑えられるということに繋がりますね。

ビットコインの支払いを店舗へ導入するメリット

ビットコインの手数料と言うことにつながるのですが、今日本では約2600店舗(2017年3月現在)でビットコインが使えると言われています。

 

これは世界からするとかなり少ないのですが、今後は爆発的にビットコインを利用することができる店舗は増えていくことになるでしょう。

 

その理由としては、ビットコインで会計をしてもらった場合にお店側が支払う手数料を抑えることができるからですね。お店でお金を支払うとなった場合に多くの方がクレジットカードを使う事になります。

 

飲食店でもファッションのお店でも多くなるでしょう。お店としては物を購入してもらったり、支払いをしてもらうと利益になるのですがクレジットカード会社から入金をしてもらうためにお店は2~8%の手数料を支払っています。

 

例えば、1万円の売り上げがあったとしても200~800円は手数料となります。これが毎日100万円の売り上げがある場合には2万~8万円を支払うことになりますので利益が減ります。

 

しかし、ビットコインの場合は手数料もわずか1%と言われています。そのため1万円でも100円。100万円でも1万円とお店側に利益も大きく変わってきます。

 

ビットコインの場合は日によって価値も変動をしていますので、現金に戻さずに価格が上がった時に換金をすればさらなる利益も見込むことができます。そのため、今後は日本でも使えるお店が増えていくと言われてますね。

 

実はすでにアメリカのAmazonが導入するのでは?と言われています。すると、日本のAmazonで利用が始まり、楽天、Yahoo!ショッピングと日本でも広がっていくでしょう。すでにファミリーマートも使えるようにしていこうと思っているみたいなのでローソン、セブンイレブンでも使えるようになるのも時間の問題です。

 

Amazonもクレジットカードをビットコインに変更するだけで利益も数百億変わってくると言われていますので導入も間もなくではないでしょうか?

 

決済もQRコードを読み取るだけでタブレットがあれば導入できますので導入費もほぼかかりません。

ビットコインの送金も安い

手数料のもう一つが送金です。

 

日本国内でも振り込みなどをした場合には200円などの手数料がかかりますし、海外へ送金をすると数千円がかかります。しかし、ビットコインの場合は手数料も5~10円と安くなりますし、お金が到着をするまで一瞬です。

(銀行からの場合は数日かかります)

 

そのため、海外に住んでいる家族に。急な出張でお金が必要な時にも役立ちます。

 

この送金は実は寄付にも使えます。大手のビットコイン取引所でも日本赤十字やイタリアの地震被災者支援などに役立ってくれますので便利です。

 

ビットコインは決済や送金などの手数料がほとんどかからないメリットがありますので今後さらに導入が進んで行くことになると予想がされていますね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)