事故車買取のタウがビットコインの決済を導入

ビットコインがどんどん決済手段として使われるようになっています。

 

2017年に入り価格の上昇が大きくなっていますが、それ以外も決済の方法として広がりつつありますね。

 

大手の家電量販店でビッグカメラが導入をしたことが皮切りとなりどんどんすすんでいる状態です。

 

そんな流れが車業界にも流れている状態になっていますね。

 

今回ビットコインを導入したのは「事故車買取のタウ」になります。

こちらはこの広告の通り事故車を専門にしている車買取専門店となっています。

 

タウでは7月3日よりビットコインの決済を導入することとなりました。

 

事故車のオークションサイトに登録をしている10万社の会員へ向けて行うようで支払い方法の多様化を行い顧客のユーザビリティを図る目的があるみたいです。

 

大きな要因としては車の流れにあると考えられます。

 

 

事故車となると日本国内のニーズは薄いものとなっています。

 

そのため、海外での取引を行うことも多くなるでしょう。

 

その際のタウの主要販売先である新興国を含む諸外国では、自国通貨に対する信用度が低いことや外貨送金の禁止、通貨切り下げなどといった通貨リスクが伴うことから、銀行を介さず取引ができるビットコインの需要が高まっているみたいです。

 

タウとしても手数料を安く、ビットコインで確実なお金のやり取りをお香ことが可能になるという点で大きなメリットといえますね。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)