ビットコインの単位について

ビットコインの単位はBTCと書きます。これは日本円が「円」。アメリカなら「$」。ヨーロッパなら「€」と書くのと同じになります。

 

しかしビットコインは複雑なものとなっており、お金のように1円は1円。1ドルは約100円などは計算がしやすいのですが、ビットコインの場合は1BTC(ビットコイン)だけでなく、少数が出てくるのでややこしいことになります。

 

例えば1BTCが10万円だった場合は0.1BTCは1万円、0,01BTCは1,000円と単位は小数点で大丈夫となっており、ビットコインは最小0.00000001BTCとなっていますね。この最小の場合は1円にも満たないので口座にも表示をされるだけになります。

 

しかし、取引をしていくとなると単位については必須となりますので理解をしておきましょう。もちろん、ビットコインは日によって毎日価格も変動をしていますので日によって単位の価格は変わります。

ビットコインの1satoshiとはいくら?

先ほど、1BTC(ビットコイン)が単位だとお伝えしましたが、実は最小の単位が1satoshiと言います。

 

このsatoshi(サトシ)はビットコインの生みの親であるサトシナカモトから取られている名称となっていますので理解をしておきましょう。ちなみにビットコインは1BTCからしか購入ができないと思われていますが、実は数百点単位での購入も可能となっていますのでちょっとずつ買い足していくと言う方法は有りだと思います。

 

BTC以外に使われる単位としては、1mBTC(ミリビット)=0.0001BTC、1μBTC=0.000001BTCなどもあります。ミリはゼロが3つ。マイクは6つ。satoshiは8つと覚えておくとわかりやすいかもしれません。

お店での会計の単位は?

お見せで会計をする場合には基本的にビットコイン(BTC)の単位となります。

 

そのため、会計はその日にレートのよって異なりますが、「本日のお会計は0.0732BTCです(12万円レートの場合は約8,784円)」となります。

 

これだとわかりにくくなってしまいますし、使っている間隔も無くなってしまいますので日本でも普及をするとなったら会計の場合の単位や、いつのレートを利用するのかも決まるでしょう。

 

もしその都度のレートになると、急激に下がった時に物を購入すれば得をする方も増えますので今後のルール化も気になるところです。

 

ビットコインの主な単位は「BTC(ビットコイン)」と「satoshi」は理解をしておきましょう。

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)