ビットコインの相場と推移

ビットコインの相場ですが、口座と登録してから毎日のように見ていますは変動は大きいですね。

 

もちろん、FXや株のようなリスクは少ないと言う点ではおすすめの仮想通貨となっています。投資目的として購入をしている方は毎日相場のチャートとにらめっこをしていると思いますね。

 

ビットコインの相場は一日で10%ほど動くケースもあります。たとえば、ついさっきまで90,000円だったビットコンが数時間後に100,000円近くになることもあれば、一気に80,000円まで相場が動くことも珍しく有りません。

 

基本的な購入の方法としてはある程度底値という値段でビットコインを購入して、高くなった時に換金をすると言う方法です。そのためにも買い時を見逃さないようにすることが大事ですね。

ビットコンの相場は中国により暴落

2017年の1月ごろににビットコインの価値が急上昇をしてから、一気に下がりました。

 

いわゆる暴落となっていますが、国内の問題ではなく中国の影響だったみたいですね。大暴落は12万円ほどまで価値は上がっていたビットコインが一気に10万円近くまで下がったと言うものでした。

 

一気に落ちてから11万円ほどまで回復をしましたが、ビットコインの相場が動くと言うことは何らかの原因が必ずあります。

 

私も気になったのでいろいろと検索をしてみると、中国の大手3大ビットコイン取引所(「OKCoin」「Huobi」「BTCChina」)が利用者の引き出しを停止していると言うものでした、

 

ビットコインの多くは中国にあると言われていますので、その影響をもろに受けたという感じです。中華人民銀行(中央銀行)が仮想通貨へ取引へ圧力を強めており、ビットコインチャイナが72時間の審査を行うとして停止をしました。

 

中央銀行のビットコインの今後について脅威を感じているのかもしれません。

ビットコインの相場を分析する

ビットコインを扱うなら相場を分析しなければなりません。

 

先ほど中国の影響で暴落をしていました。このように相場が変わると言うことは何か問題が怒っていると言うことになります。そこをしっかりと分析して「売る」「買う」の判断をしなければなりません。

 

もちろん直感で購入をすると言う方もいると思います。それもありだとは思いますが、これはギャンブル的な感じになってしまいますね。

 

他にも、ファンダメンタルズ分析、チャート分析などの分析方法があるのですがビットコインの場合はどの相場分析は適しているのかは定かではないと言うのがこれからの楽しみでもありますね。

 

今のところはビットコインの新規発行が少なくなる「半減期」がねらい目ではないかと分析をしています。

一緒に読まれています。

ビットコインについて

 

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)