ビットコインの相場分析

ビットコインは仮想通貨としてトップの価値と人気を誇っていますが、相場について分析をして見ましょう。

 

ビットコインは日々価格が変動をしており1時間ごとに価格も変動をしていく形となってます。そのため、毎日価格もかわっていますしある日にいきなり価格が上昇をすることもあれば、一気に暴落をすることもあるお金です。

 

2017年の3月はETFの期待から1BTCあたり15万円まで最高価格を更新しましたが、その翌週にはETF法案が通らなかったために一気に暴落をして一時9万円台に入るほどの価格変動を見せていました。

 

チャートを見ていればある程度は相場も読み取ることはできます、価格の変動を完璧に読み取るのは難しいですね。

ビットコインの相場はチャートをみて予想

ビットコインの相場を見ていると、毎日変動をしておりこの時期を書いている2017年4月の初旬は比較的価格も安定をしています。

 

ビットコインの相場を読み取るためには、チャートをみることとビットコインに関係をするニュースがないのかを見極めることがとても大事となります。

 

ビットコインの価格は組織が決めている訳ではありません。ビットコインは仮想通貨と呼ばれているインターネット上で使えるお金となっています。

 

これはビットコインの需要と供給によって価値がきまるとおもって間違いありません。基本的に欲しいと思う人が多くなれば価格も上がりますし、売る人が多くなれば価格はさがります。

 

そのため、ETF法案が施行になればと思って買いが進み価格が一時的に15万円まで上がりましたが法案が通らなかったその日(今日)には一気に価格も下落しました。

 

推移やチャートを合わせて分析をしてみると参考にならない点も大きくあります。

ビットコインの相場と価格

ビットコインに関して明るいニュースとなると今度使える店舗がどんどん増えていくことです。

 

今、日本では約2600店舗の店で使えると言われていますがまだまだ少ないのが現状です。そのため、少しでも店舗が増えていくことになればビットコインを手にする方も多くなりますので必然的に価格も上昇をしていくことになるでしょう。

 

しかし、今の現状からビットコインが普及をしなければ価格はどんどん下がっていくことになりますので今後の価格上昇は望めませんね。

 

今はハードフォークの問題によりどうなるのかが定かではありません。ビットコインを投資で使うならある程度価格の上昇が期待できるニュースをよくみておくことですよ。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)