ビットコインの相場は中国の影響を受ける

ビットコインの相場ですが、ここ最近は上がったり下がったりをしておりだいぶと落ち着いてきている印象があります。

 

一時的に35万円くらいまで上がることもありましたが、今は20万円台の後半から一気に上がっている印象がありますので今後はどうなっていくのでしょうか?

 

相場を見ていると中国に買いが思ったよりも進んでいないことが原因でそこまで大きく上がっていない印象がありますね。

 

中国もマネーロンダリングの問題がありビットコインのやり取りも一時的に制限をしている時期がありました。

 

今は対策も取られているのである程度対応をしてくれていますが、ビットコインに関しては中国の影響が大きいように思いますね。

 

その理由としては中国の人民元の価値が下がると投資家は資産をビットコインに移していました。そうすることで自分の資産の価値を上げるという方法にしていたようですね。

 

ほかにもビットコインの相場が中国によって影響をしていることがあります。

 

それは、マイニンググループの2割は中国を中心に動いているということですね。

 

マイニングをすることでビットコインを手に入れておりますのでビットコインの価値をよりあげていると言われています。

ビットコインの相場よりもイーサリアムの価格

ビットコインの相場も気になりますが、ここ最近右肩上がりの通貨がイーサリアムになっています。

 

イーサリアムについては中国の投資家たちが注目をしておりビットコインがピーク時の100分の1まで取引が減少をしているという情報があります。

 

それに対してイーサリアムは2017年の1月ごろから比較をすると1,000円の価格が今では40倍の40,000までとなっています。

 

ビットコインは比較的中国の通過である人民元に左右をされやすい状況もありますのでイーサリアムのほうがよみやすいという特徴があります。

 

人民元が中国政府がある程度操作をすることができるとも言われていますのでそのあたりは今後のビットコインの相場を読む際に注意をしておきたいところですね。

 

今後ビットコインの相場を読むなら中国の状況や人民元の価格も読んでおくほうが良いでしょう。

 

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)