ビットコインの失敗談 初心者は注意をしよう

ビットコインの失敗談と呼ばれるものがあります。

つまり、購入をしたけれども大損をしてしまったということですね。

ビットコインは2017年にバブルのように儲かったことからミリオネアも生み出しているほど通貨となっているのですが、これにあやかって初心者が手を出すと痛い目にあいますので注意をしましょう。

ビットコインの失敗例

失敗をしている人はたくさんいるのですが、過去にあったのはマウントゴックス社の事件になります。

マウントゴックス社と呼ばれるビットコインの取引所が過去に存在をしていました。

そこは大手の取引所だったので、購入をしていた人も安心をしていたのですが、なんとマウントゴックス社の社員がビットコインを横領していたという事件が発覚していますね。

マウントゴックス社の事件 ビットコインの仕組み

これで世の中からビットコインが世の中に知られたのですが、「ビットコインは怪しい」「ビットコインは危険」ということにつながってしまい仮想通貨の存在自体が怪しいということになってしまいました。

もちろんビットコインの仕組み事態は怪しいものではないため大丈夫なのですが、これで痛い目を見た人は失敗例だといいます。

ビットコインの失敗談

もちろんほかにもビットコインで失敗をしている事例はたくさんあります。

例えば、ここ最近ビットコインの価格が急上昇していたため「俺も持っておこう」「私も買いたい」と値段があがっている状態で購入をしてしまったという状態です。

初心者ならばビットコインの値段の動きもわからないことからありがちな失敗談となっていますね。

そのため、2017年の12月のころに一度200万円まで行った際に購入をした人は、今は160万円~170万円で落ち着いていることから大きな損をしている可能性があります。

ビットコインの失敗談で多いのは知識がない状態で手を出してしまったという感じです。

ビットコインの仕組みについてある程度理解をしておかないと、最終的に大きな損をすることとなりますのできちんと仕組みを理解してから購入をするようにしてください。

こんな風に手を出すと大きな損をする可能性もありますので初心者はあまり手を出さないほうが良いかなと思いまます。

値段の上下があり、得をすることもあれば損をすることもあるのがビットコインの仕組みですので理解をしておきましょう。

私は一度購入したビットコインはそのまま当分持っておくつもりにしています。

毎日の価格に一喜一憂するのはしんどいので・・。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)