サトシナカモトとは?ビットコインの発案者

サトシナカモトはビットコインの生みの親です。

 

つまり、ブロックチェーンなどの画期的なアイデアを発案した革命児とも言われていますね。名前は日本人ですが実際に存在をしているのか?日本人なのか?それとも外国人なのか?など正体についてはいろいろな情報が出ていますが、実際には全くわかっていないのが現状となっていますね。

 

ちなみに、サトシナカモトではないかとされている人物が4名いてます。

 

ニックザボー(否定)、ハル・フィニー(否定)、ドリアン・ナカモト(誤報だとしてマスコミを訴訟)、クレイヴ・ライト(不明)の4名ですね。画像を検索するとドリアン・ナカモトがでてきますが、違うみたいです。個人なのか?それともグループなのか?何かの機関では?すでに故人である。未来人など様々な憶測が飛んでいます。

 

そんなビットコインの考案者とされているサトシナカモトが一躍有名になったきっかけは、論文です。

 

サトシナカモトの論文

サトシナカモトが書いたとされている論文は「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」というものでここの署名がかかれていたことにより「サトシナカモト」の名前の知名度が一気にあがっています。

 

論文だけと思っていたのですが、実際に論文を発表後に実際に自分が動いてソフトウェアの開発を自ら開発をしてオープンソースとして公表までしています。

 

論文には「大臣は銀行へ2度目の救済を決めようとしている」と2008年のリーマンショックへの対応を批判したことから現在の貨幣システンに疑問を持ったとされています。

 

そんなビットコインの生みの親であるサトシナカモトですが、初期に自ら採掘をして100万ビットコイン(現在の価値で約600億円)のコインを保有しているといわれており、このコインは今の動かずにそのままとなっていますね。

 

このビットコインを動かすことができれば、その人はサトシナカモトと言うことになります。ビットコインが動くのはブロックチェーンの仕組みでわかりますので、注目もあつまっています。

 

漢字では「中本哲史」と書くらしいですがこれも真相は謎のままですね。

サトシナカモトのフィンテック

フィンテックとは、ITを駆使して金融サービスを生み出したり、見直したりする動きのことですが、そこで「WIRED」にサトシナカモトとされる人物がでてきました。

 

実際には違うようですが、フィンテックによりブロックチェーンが開発をされ貨幣の価値を一気に変えました。今では日本の銀行でも独自の仮想通貨をつくる動きがあるみたいですね。

 

暗号化技術、管理者とおかないブロックチェーンなどの開発者であるサトシナカモトの正体は謎のままです。天才とされている彼を見る日はくるのでしょうか?

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)