採掘をしてビットコインを手に入れる

採掘とはマイニングをいう意味です。

 

詳細はこちらにマイニングのことをかいていますので参考にして下さい。マイ二ングをもう一度おさらいすると、開発者のサトシ・ナカモトさんが開発をしたプログラムを走らせること。つまり運用をすることになります。

 

つまり、ビットコインを見つけると宝くじみたいに当たるという仕組みですね。

 

ビットコインのマイニングはやればやるほど当たるのですが、今は参加者もふえてきていることもありかなり当たりにくい状況です。

 

ビットコインは10分に一回発行をされています。その都度ビットコインを採掘して見つけると日本円で94万円程度をもらうことができますのでメリットの高いです。

マイニングは素人でもできる?

10分に一回94万円も当たる可能性があります。1時間で焼く564万円。一日で1億3500万円のビットコインが増えていることになります。

 

しかし、マイニングをして簡単にビットコインと見つけるということを知っている人はたくさんいます。非常に複雑な計算式を必要としますので注意をしなければなりませんね。

 

マイニングをするためにあはパソコンが必須となっていますが、ノートパソコンでマイニングとしてビットコインを見つけるためには150万円かかる言われており、マイニングをするための大規模な機械を導入していかないとほぼ当選しません。

 

ほとんどのマイニングをしている人は完全に会社化をしており、見つけるための方法を実践しています。結論からお伝えすると素人がビットコインに手を出すのは全くおすすめしません。

 

ちなみに機械を導入してビットコインを見つける場合は、30万円は初期投資としてかかります。その機械を動かすためにかかる電気代は年間に40万円ほどかかります。3年で120万円のコストをかけても当たるのは3年に1度となっていますので手に入るコインはわずか94万円程度と赤字です。

 

そのような理由もありますので、素人にはできないでしょう。

ビットコインの量は決まっている

ビットコインの発行は2100万枚と決まっています。

 

それは2140年までずっと出ているのですが発行枚数は4年に一回減っていきます。そのため、マイニングで稼げる額もどんどん今後はすくなくなっていく傾向にありますね。

 

そのような理由からもマイニングは今度が縮小傾向にあります。

 

これはビットコインのインフレを防ぐためにもすごくできている仕組みとなっていますので利用をしてみる価値は十分ありますね。

 

 

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)