ビットコインの詐欺に注意

ビットコインは決済のほかにも投資という目的で利用をしている方も多いですが、最近は「ビットコイン詐欺」が多発をしていますので注意をしましょう。

 

ビットコイン詐欺といえば、ビットコインの良いところばかりと並べて話をして管理料や仲介料などビットコインに対しての知識を持っていない方に対して詐欺を働くケースが多かったです。

 

しかし、消費者もビットコインについてある程度知識を持つようになったので新手の詐欺の方法を見つけてビットコイン詐欺を行っている輩もいますので注意をしましょう。

ビットコインの詐欺はコンビニからの入金

今まではビットコインを購入させて詐欺をした人のウォレットと呼ばれる財布のようなものへ入れさせれる手口が主流でした。

 

しかし、最近はそれでは簡単にバレてしまうために架空請求の詐欺的な要素が強くなっています。

 

一時期コンビニでプリペイドカードをかわせるような詐欺が多発をしていましたが最近は多くの人は知ることになったのでほかの方法で詐欺をしています。

 

そのテーマがビットコインになりますね。

 

仮想通貨を購入させるためにコンビニから不正に入金をさせる手口が多くなっており、いったん振り込みをしてしまうと取り返すのはほぼ無理だそうです。

 

この詐欺が多発をしていることから

新たな手口はどんどん広がりを見せています。

国民生活センターは6月29日、「コンビニ払いを指示する架空請求にご注意!第2弾―新たな手口として仮想通貨購入用の口座が詐欺業者に利用されています―」とホームページで注意を呼びかけていますので怪しい話にはあまり乗らないようにしてください。

マンガサイトやアダルトサイトの利用料金を名目として電話をしてくる手口となっており、仮想通貨の取引所へ入金をするように勧められます。

 

なぜ今になって仮想通貨なのかというと、「この手口ならばい一回の決済で高額の入金もできますし、送金も安価で容易にできる」というメリットが犯人側にあるからです。

 

今まではAmazonのギフトカードなどになるので電話の指示をしなければなりませんでしたが仮想通貨の場合は支持もシンプルでOKという点でも犯人側にとっては足がつきにくいという点のメリットがあります。

 

取引所の本人確認も偽造ですり抜けているみたいなので、今後の対策を早急にしてほしいという願いがありますね。

 

新手の手口なので詐欺には気を付けましょう。

 

仮想通貨は便利なものなので犯人からの話を無視することが一番良いですよ。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)