ビットコインがレバレッジでも取引可能

ビットコインを投資として取引する場合にレバレッジは可能なのでしょうか?

 

そもそも「レバレッジ」とはなに?という疑問からお伝えしていきたいと思います。ビットコインはレバレッジは可能な仮想通貨です。コインチェックなどはレバレッジをする為に証拠金を入れておけばOKとなります。

レバレッジとは?

レバレッジとは、金融の世界において少ない投資金額によって大きな取引を行うことを指しています。英語で書くと、レバレッジ(leverage)となり、leverとは英語で「てこ」と言う意味があります。

 

このてこの意味を活かして、手持ちの資金よりも大きな資金を動かすことをレバレッジと言いますね。レバレッジと聞くと、FXや不動産投資などに使うことが多いです。レバレッジをするという意味を具体的に表してみましょう。

 

レバレッジをすると言うことはハイリスクハイリターンの方法と言えます。自己資金よりも大きな資金を手にすることになりますのでさらに大きな金額になることも予想をされますし、大損をすることもあると言うことです。

 

住宅を購入するためにレバレッジ5倍をした。これだけでは素人の人にはわからないと思いますね。

 

これは自己資金に対して5倍の資金を用意したということになります。自己資金は1000万円あった場合にここの地価は上がると予想をして4000万円の借り入れをして実際には5000万円の投資をしたとします。

 

これだと5倍の資金が動いていますのでレバレッジ5倍と言うことになります。これに成功をすれば5倍の利益を得ることができますが失敗をすると5倍に損益を自分が被るとことです。

 

リスクはありますが、レバレッジは損益も利益も読みやすいです。たとえば、レバレッジ3倍だと利益も損失も3倍。レバレッジ5倍だと利益も損益も5倍となります。

レバレッジの証拠金

FXなどでレバレッジをしたいと思った場合には、自己資金をきちんと持っていることを証明する為に取引所へ資金を入れなければなりません。

 

これを「証拠金」と言います。レバレッジをしたいと思っても自己資金が0円の人はさすがにお金を他のところから調達をすることは難しいので諦めておきましょう。

 

ビットコインのコインチェックなら5倍までOKとなっていますし、ビットフライヤーの(Lightning FX)も10倍までもレバレッジが可能となっています。

 

投資としてこの方法は有りだと思いますが、リスクもあることを理解して申し込みをして下さい。素人はレバレッジはあまりおすすめしません。もしやるなら自己責任でどうぞ。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)