プルーフ・オブ・ワーク

プルーフ・オブ・ワークという専門用語についてお伝えしていきたいと思います。

 

この全く関係のないような言葉でも実はビットコインに深いつながりがある言葉となっていますので理解をしておきましょう。ビットコインは投資でも、実際にお金としても価値のあるものとなっています。

 

しかし、いろいろな仕組みや使い方があり知らない用語もたくさんありますので理解をしておきましょう。

プルーフ・オブ・ワークのシステムとは

プルーフ・オブ・ワークの前にビットコインのことを思い出してほしいのですが、ビットコインは中央銀行が存在をしない。運営者も存在なしで誰でも自由に参加をすることができるネットワーク上の通貨です。

 

ネットワークとなると不特定多数の人が誰でも入ってくることができると言う点で無統制なネットワークを介して偽りのない情報を伝えることは長らく不可能でした。

 

それを実用的に解決をしようと編み出されたのが「プルーフ・オブ・ワーク」です。完結に説明をすると「仕事の証明」です。

 

ビットコインは誰でも参加をすることができます。その代りネットワーク上で送金履歴のやりとりをすることで通貨としての機能をはたしています。しかし、今後このネットワークを荒らしたり、攻撃をしてくる可能性があると言う点が今後の課題となっています。

 

それはずっと前から言われているのですがビッチコインは破たんをすることもなく稼働をしています。その要因が「プルーフ・オブ・ワーク」です。

ブロックチェーンとプルーフ・オブ・ワーク

この2つは密接に関係をしています。

 

ブロックチェーンは基本的にお金のやり取りや取引をすべて書き込みをしている方法となります。誰もが監視をしていますので改ざんができないというメリットがあるほうほうでした。

 

ブロックチェーンの役割は2重払いや通貨の複製を防ぐために行われるもので、プルーフ・オブ・ワークは取引データや履歴の改ざんを防ぐためにあるものです。

 

マイニング(採掘)をしている人は高性能のパソコンを使って出来るだけ短時間で目には見えない計算式を解いてビットコインを手に入れたいと思っています。

 

しかし、その計算式は最低でも10分程度はかかるように作られています。その時間がどんどん短くなっていくと計算式の桁を増やして時間と調整するという仕組みがあります。

 

この取引の改ざんを防ぐために行われているのがプルーフ・オブ・ワークの最大の仕組みですので覚えておきましょう。

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)