ピーチがビットコインの導入を決定

ピーチといえば日本で人気の格安空港会社となっています。

 

母体はANAホールディングスで子会社のLCCピーチ・アビエーションが仮想通貨ビットコインで航空券などの購入を可能して決済システムに導入をすると決めました。

 

ビットコインをピーチが導入をする理由としては、ピーチの利用者の海外からの観光客が多いことも大きな理由となっています。特にビットコインを多く保有をしている中国系の観光客や訪日外国人の利便性を図っていくという考えもあるみたいですね。

 

システム導入に関しては、国内航空会社で初めてとなりますので注目を集めていますね。ちなみに導入の時期は2017年の12月末を予定しているみたいです。

 

ビットコインの導入に関してはリミックスポイントの子会社で仮想通貨の取引所を運営しているビットポイントジャパンとピーチが共同で開発をしていくみたいです。

 

航空券をビットコインで購入できるようにするためにビットコイン専用のATMも設置をして空港でもビットコインへ換金を出来るように仕組みを作っているようですね。

 

航空券以外にもホテルやレストラン、お土産屋さんでもビットコインの決済を日本でも増やしていきたいという考えのようです。

 

ピーチの航空券の発券に関してですが、手数料が大きな問題となっています。

 

クレジットカード払いの場合は440円、コンビニ支払いの場合は550円の手数料をかかっておりこれが利用者が負担をしている状態です。

 

ビットコインの決済を利用することにより、この手数料を下げることにもつながるとい点と「スマホだけで旅行が完結する」という新しい旅の提案をいう考えも持っているみたいですね。

 

先日は大型家電量販店のビッグカメラもビットコインの決済の導入を決めており東京の2店舗ですでに決済の試験導入が進んでいる状態となっています。

 

大手の参入も今年に入りどんどん進んでいるのでビットコインの決済も進んでいってほしいと思いますね。

 

私の個人的な読みとしては、LCCのピーチがビットコインの導入をして成功例を作ることができるかが重要だと思っています。

 

もちろん国内の他のLCCもピーチのニュースを見てじっと見ているわけではないと思いますので導入はさらに進んでいくのではないかと思っていますね。

 

ピ―チが導入をすることによりその周りの店舗でもビットコインの導入がさらに進んで行くと思いますので関空でビットコインを使える店舗が増えていくのではないでしょうか。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)