ビットコインを購入すると大損

ビットコインを購入すると「大損する」と言う方もいますが、実はそんなことはないのにな・・・。

 

 

と個人的には思っています。仮想通貨というカテゴリ自体が最近になって少しずつ世の中に認知をされようになってきていますが、まだまだ今後の先行きはわからないことも多いので、今は1BTCあたり13万円あたり(2017年3月現在)にいますがもっと下がっていくと言う方もいます。

 

しかし、その逆でビットコインはこれからもどんどん値段が上がっていくと予想をしている方もいることは事実です。

 

数年以内に1BTCが今の10倍になるので100万円近くなるのでは?と予想をしている人もいることは事実です。そんないろいろな情報をまとめて個人的に大損をするのか?購入をしていくのか?書いていきたいと思います。

ビットコインは日本でも広がっていく

今後ビットコインは世の中に広がっていきます。

 

その理由としては、仮想通貨法という法律が日本では2017年4月に施行となります。日本がビットコインなどの仮想通貨を認めると言うことになりますので今後世間の人たちも知ることになります。

 

そのため、店舗でビットコインが利用を出来るようになってくるというメリットもあります。今は約2600店舗と少なめとなっていますが今後は爆発的に増えていくでしょう。

 

最大の理由は店舗が支払いをする手数料の差です。クレジットカードでも決済程度なら代用ができそうな気がしますが、クレジットカードで決済をした場合にはお店側は2~7%の手数料を支払うことになります。

 

しかし、ビットコインなどは1%くらいが相場となりますのでお店側の売り上げにも直結をする形となります。

 

そのような理由から今後もビットコインはどんどん増えていくと予想がされていますので、購入をして大損をいうことはないと思っています。しかし、その逆の意見も考えてみましょう。

ビットコインの価値がなくなる

ビットコインに実物はなく、仮想通貨なのでインターネットでやりとりをするお金となります。

 

 

今は管理者はいませんが、ブロックチェーンというシステムで安全性を守っています。しかし、ある日突然ハッキングをされてすべて書き換えをされたり、全く世の中に広がらず仮想通貨が淘汰をされるとなった場合にビットコインそのものの価値がなくなりますので大損をする可能性もあります。

 

13万円で購入をしたけれども0円になってしまうと言うことですね。

 

以上のように2つの視点から書いてみました。参考にしていただけると幸いです。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)