ビットコインは東京オリンピックで人気

ビットコインが利用をすることができる店舗が増えていくことの大きなメリットは、外国人の利用者が増えていくことになるでしょう。

 

その理由としては、米ドルやユーロを日本円へ換金した場合には手数料が発生します。また、いちいちお金が足りなくなると換金をしなければなりませんので無駄なコストと手間がかかります。

 

しかし、ビットコインの場合は手数料が換金手数料と比較をした場合には少なく済むというというメリットがあります。そのため、無駄なコストを抑えることができますので利便性にも優れていますね。

東京オリンピックまでにビットコインはいくらになる

日本でも2020年には東京オリンピックは決まっています。その時にはもちろん日本で仮想通貨法も施行をされていますので外国人の利用率が上がることになるでしょう。

 

実はあと3年ほど東京オリンピックまでかかりますが、価格が跳ね上がる可能性がありますのでメリットも高いものとなってきます。

 

昨年盛り上がったリオデジャネイロオリンピックの時にはビットコインの価値は6万円弱だったので、本日(2017年3月17日)の時点でも約9万円ほどの差額ができています。

 

もちろん東京オリンピックの時には

・使える店舗は豊富になっている。

・海外の観光客が一気に押し寄せる

・ビットコインが使える整備が整っている

このようなことが予想をされますので、需要も価格も伸びていくのではないでしょうか?予想というか希望では1BTCあたり50万円くらいになっているとうれしいなとおもっています。

 

導入をするお店も簡単にできると言う点がメリットも高いので、東京オリンピックのころには価格も上がっていますし利用ができる店舗も増えているでしょう。

ビットコインの今後はどうなる?

東京オリンピックまではまだ期間が上がりますが、たった半年でも数万円以上も価値を上げているビットコインは今後もどんどん価格を上げていくだろうと予想をしています。

 

オリンピックへ向けて日本では法整備も進んでいき、日本国内でまず利用のできる店舗の増加と利用率を高めていくことによりビットコインなどの仮想通貨の価値も上がっていくのではないでしょうか?

 

仮想通貨法も4月には施行予定となっていますので今後どんどん日本では普及をしていくことになるでしょう。

 

実はネットショップでもすでに利用をすることができる店舗が増えていくでしょうと言われています。Amazon、楽天も動き出しているみたいですので東京オリンピックまでにビットコインは利用できる範囲も広がり、価格も上がっていくと予想をしています。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)