ビットコインを換金 日本円へする方法

ビットコインといえば、仮想通貨の中でいつもトップを走っています。

 

そんなビットコインの目的として最近は投資の見方が非常に強くなっており、素人でもわかりやすいという点から投資をする方も多くなっていますね。

 

投資が簡単な理由としては「安い時に購入をして、高い時に売る」ことができれば一番確実に利益になります。

 

例えば、ビットコインを20万円で購入して30万円で売ることができればそれだけでも10万円の利益になるということですね。

 

もちろんビットコインに関してのルールや情報に関してはある程度頭に入れておかなければなりませんが、ルールは簡単だといえます。

 

ビットコインを購入するにはビットコインの取引所と呼ばれる銀行のようなものがありますのでそこを利用してクレジットカードやコンビニ支払いで可能となりますね。

 

購入までは簡単なのですが、よくある質問で「ビットコインをどうやって日本円に戻すの?」ということをよく聞かれますのでそこについて書いていきます。

ビットコインを日本円へ換金する方法と手数料

ビットコインを日本円へ換金するとなった場合の方法と手数料について書いていきます。

 

ビットコインを日本円へ戻す方法はじつはとても簡単です。

 

その方法としては取引所を利用して「ビットコインを売る」とすれば日本円へ換金をすることが可能ということです。

 

こちらをご覧ください。

こちらはある一日のビットフライヤーの取引所の画像になります。

 

ここに赤字で「コインを買う」と書いてあるのはビットコインを購入するということです。

 

それに対して緑で「コインを売る」と書いてあるのは「ビットコインを日本円へする」ということになります。

 

手数料に関しては10万円未満の場合にはビットフライヤーだと0.15%かかるとなっています。

 

金額によって異なるみたいなのでそこは注意をしてくださいね。

 

あと、もう一つ注意点があり日本円へ換金をしたいなら日本円を扱っている取引所を利用しなければ換金は不可となりますのでそこは気を付けてください。

ビットコインを換金 銀行口座へ入金

換金をしても手元に日本円が入ってくるわけではありません。

 

銀行へお金を入金してもらおうと思ったらさらに手数料が発生をします。

 

ビットフライヤーの場合は三井住友銀行へ3万円未満の入金を依頼した場合には216円の手数料がかかる場合もありますのでそこは注意をしてください。

 

緊急な場合は仕方ないですが余裕があるなら、ビットコインは投資目的として東京オリンピックまでの期間は様子見をしても良いと思いますね。

 

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)