マウントゴックス社の事件 ビットコインの仕組み

マウントゴックス社といえば、ビットコインを大量に紛失をした事件で有名な2014年時点での国内最大のビットコイン取引所でした。

 

この事件のおかげでビットコインという名前は一気に広がっていったのです。しかし、この事件とチャンスとばかりに多くのメディが「ビットコインは終わった」「ビットコインは怪しい」「ビットコインは危険」などのニュースを報道したことにより大きな波紋を世の中に呼びました。

 

ビットコインについていろいろと書いている私にとっては非常に残念なことだと思っています。

 

この間違った報道が独り歩きをした結果世界から仮想通貨の進歩に関して日本はおいていかれしまったという感じがあるからですね。

 

SNSにも「やっぱり怪しいよ」「仮想通貨なんで信じるな」「詐欺だから手を出すな」など悪口やマイナスなイメージが先行をしましたね。

 

しかし、そのままでは納得が活きませんのでマウントゴックス社がおこしたビットコインの事件について本当の情報をお届けしたいと思います。

マウントゴックス社の仕組み ビットコインは本当の破綻をした?

分析をしてみると結果は「マウントゴックス社の社員が横領をしていた」という結果でした。

 

つまり、ビットコインの仕組みやシステムが原因で起った事件ではなかったのでビットコインに関しては何ら問題がなかったと言うことです。

 

真相については、マウントゴックス社の元社長であるマルク・カルプレスが横領をしており、元社長が逮捕をされたことにより事件が明るみになったのです。

 

マウントゴックス社には当時のレートで470億円というビットコインの取引があったのですが、預かられていた28億円の現金を横領していました。

 

もちろん管理会社のセキュリティに関しても甘かったと言われていますが、取引所だからこそ気がつけたシステムの盲点が大きな問題でした。

 

実際にはビットコインのシステムに関しては何の問題もなかったという証明にもなったと思います。

マウントゴックス社の仕組みとビットコインの横領

最終的には横領という結果だったのですが、報道やメディアの間違った情報で世の中にビットコインは危険であるというニュースになっていました。

 

しかし、実際にはビットコインのシステムや情報に関しては何の問題もなかったということの証明でもあります。ニュースの当時は一時的に価格が下落しましたが今ではその当時に価格を追い抜いているあたりがビットコインの強さです。

 

報道のニュースすべてを信じてはいけないという教訓になったような気がしますね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)