ビットコインの今後はどうなる?

ビットコインは今後価値がどんどん上がっていくと言われています。

 

その理由としては、国や政治的な影響により価値が10万円⇒0円になるなどのリスクが少ないと言う点と、世界で共通の通貨として十分通用をすると言う点が挙げられます。

 

たとえば、少しまでにリーマンショックというのがありました。リーマンショックはアメリカ合衆国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破たんをしました。負債総額は64兆円と言われており世界で連鎖的な金融危機となりました。その危機を投資家なども脱する為に多くの貨幣が一気に売られたため国の信用もさがりました。

 

各国に貨幣の価値は国の信用から成り立っています。そのため、信用がなくなると言うことは価値が下がると言うことに直結をします。しかし、これはアメリカに限ったことではなく日本も1000兆円の赤字を持っています。これは国民一人一人にかかっていますので日本の信用のどこまで持つのか?正直不安ですね。

ビットコインは今後は上昇する

上記のように日本や海外のお金は今日は価値があっても、明日には無くなるかもしれません。つまり、国があまりにも不安定すぎると言うことです。

 

正直安全な国はないのですが、その預金などとビットコインに換えておけばリスクを分散できます。まだ、このような方法に気付いている方はほとんどいません。

 

ビットコインの良いところは持って入れば世界のどこでも換金が出来るという点です。そのため、日本円で10万円をビットコインに換金して持っておけば実質10万円の貯金を持っていることになります。もちろん日本は倒れても価値は変わりません。

 

しかし、日本円で10万円をもっていたなら・・・。価値は0円になります。このようなリスク分散、投資分散を考えてもビットコインの今後は明るいと思います。中国の暴落やマウントゴックス社の横領などがありましたがそれでも一時的に価値は下がっても常に上昇傾向となっていますので今後2017年、2018年と明るいです。

 

また、ビットコインの特徴として挙げられている手数料が安いので他の国で換金をしても損をすることはほとんどありません。もちろんビットコイン以外に仮想通貨を持っておくというのも一つの方法です。

ビットコインの今後は長期的

ビットコインは右肩上がりに価値が上がっていっています。

 

もちろん波もあるのですが、株も同じようになっていますので継続的に上がっていくと言われています。ビットコインの価値が守られているのが上限枚数が決められていると言う点です。

 

2140年に2100万枚になった時点で発行は止まります。毎日ビットコインは発行をされているのですが、コンピューターで管理をされており、新規発行の枚数が徐々に減ってきています。

 

しかし、すでにビットコインに目を付けている人は早い段階で購入をしています。

 

この発行でも今後価値があがる理由があります。ビットコインの発行には「半減期」と呼ばれる時期がきます。これは毎日20BTC発行をされていたのに、次に日から10BTCになると言うものです。

 

これは2140年までに発行が終わるようになっていますので自動的に減っていっています。欲しい人はたくさんいる。でも、コインが足りない。もしくは少ないという状況になりますので価値が上がっていくと言われています。

 

未来のある仮想通貨のビットコインは長期的ですが明かるい未来があると思いますね。

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)