ビットコインは今後消滅する可能性 実際の意見はどうなのか?

ビットコインは今後消滅をする可能性があると一部のビットコインに投資をしている人たちから意見がでています。

 

最初にそのような問題が出てきた可能性としては、8月1日に予想をされているビットコインのハードフォーク問題になりますね。

 

今後ビットコインが分裂として価格を大きく下げることになるのではと思われていますが、実際にどころはどうなのでしょうか??

 

分裂をして2つのビットコインは登場をするのか?

 

それとも5年以内に消滅をすると予想をされている結果があたるのか?実際の意見などもみていきましょう。

ビットコインの今後は消滅をする可能性

可能性としては私は0%なのではないかと思っていますが、中には5年後に消滅をする可能性は50%くらいあるのでは?という意見もあります。

 

この意見に関してはいろいろと読んでみたのですが実に不明瞭なことも多いので信ぴょう性に欠けるという結論になりますね。

 

消滅をすると言っている人の意見には2つあります。

 

1つ目はハードフォークや3月にあったETF法案の否決などビットコインにとって明るいニュースであるはずの出来事はことごとくうまくいっていないという傾向にあります。

 

そのような理由から今後に対しての不安視と仮想通貨事態がうまくいかないのではという予想が消滅をすると言われている原因ですね。

 

2つ目はビットコイン取引所による原因でビットコインが消滅をするのではと予想をしている方もいます。

 

これに関してはビットコインの取引所で障害がでることにより、入出金や売買に取引に関してトラブルが出て停止をしていました。

 

ビットコインの取引所がブロックチェーンやマイニングなどの取引に対して適切な状況を保てない理由から今後のビットコインの状態を保つことができなくなるのではないかという意見の2つがあります。

ビットコインの今後は消滅する不安

不安に思う方もいると思いますが、マウントゴックス社の事件をみての通りまで不透明な要素がビットコインは強いので気をつけなければなりません。

 

この意見に対してはビットコインに限らず、リップルやイーサリアムなどすべての仮想通貨に対していえることです。

 

消滅に不安を持っていてもなんの解決にもなりませんので、私からいけることは自分でしっかりと管理をすることだといえます。

 

消滅をする可能性はわかりませんが、先ほど紹介をしたような可能性として消滅をするかもしれない話はあることは事実ですので頭の片隅にでもおいて理解をしておきましょう。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)