ビットコインは今後危険のニュース

ビットコインは仮想通貨の一つとなっており、インターネット上で使うことができるお金となっています。

 

そんなビットコインですが、投資家の中では「これから期待ができる」。

 

つまりどんどん価値が上がっていくと予想をしている方もいます。たしかに誕生してからどんどん価値もあがっていますし、2017年の1月の時点で10万円だったビットコインが5月には20万円まで価値を上げていたので今後高くなると予想をしている方もいます。

 

しかし、その反面「ビットコインは危険だ」と注意喚起をしている方もいますね。個人的には注意喚起をしている人は自分の利益が減るから言っているのでは??と思うこともありますのでそこについて詳しく調べてみましたので参考にして下さい。

ビットコインの今後は危険と言われる理由

ビットコインが今後危険だといわれいる理由について書いて行きます。

 

まず、古い情報をもとにビットコインは危険だと言っている方の場合はマウントゴックス社の事件を口に出すことになると思います。

 

これについては何もビットコインにとっては問題がないので気にする必要もないと思いますね。

 

実はそれよりも2017年の3月にでてきた「ハードフォーク危機」の方がよほどリスクがあると私は思っています。「Bitcoin Core」と「Bitcoin Unlimited」の2つのグループ間で、ビットコインシステムにおける意見の違いがあるが大きな要因となっています。

 

これが起こるとビットコインは2つに分かれてしまいますのでデメリットが多くでてきます。

・ビットコインの最大発行枚数が自由に変更できてしまう。

・ビットコインが2つのコインになるので価値が分散化する。

この2つは実際にビットコインを持っている方にとっては大きなデメリットになる可能性があります。

 

そのハードフォーク問題についてビットコインの今後は危険だと言わてれています。

ビットコインの今後は危険 仕組みが問題

ビットコインの良い点は管理者がいないことなのですが、それが逆の考えになることもあり管理者がいないことにより何の保証もないと言うことです。

 

例えば、ビットコインの取引所が何らかの事情でハッキングをされてあなたの口座からお金を盗まれたとします。しかし、これについては誰も保証をしてくれるわけではないので盗まれたで終わってしまいます。

 

管理者がいないというのがビットコインの最大のメリットなのですが、これがあだとなる可能性もありますね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)