ビットコインは今後加盟店が増えていく

ビットコインが日本でもだいぶと認知され始めていますが、使える加盟店の店舗の数はどうなっていくのでしょうか?

 

色々と調べてみると予想としては今後どんどん増えていくでしょう。

 

その理由としては加盟店にとってメリットが高い決済の方法だからと言えます。ビットコインで決済をするとなった場合に比較をされるのがクレジットカードになります。

 

私たち消費者はクレジットカードで支払いをすることができていますが手数料を払ったりしているわけではなく普通に決済をして使うことができていますね。

 

しかし、お店側はクレジットカードで支払ってもらった場合に現金化すると手数料を支払っています。だいたい、総額の5~7%くらいを支払うと言われています。

 

この手数料のお店にとって結構な痛手となるケースがありますので注意をしなければならないですね。たとえば、100万円の売上があった場合には5万円~7万円も手数料をして支払っていることになりますので小さなお店の場合は死活問題になります。

 

その点ビットコインの場合は現金化をする場合でも1~2%程度の手数料で構わないのでクレジットカードの手数料との差額を考えてみる塵も積もれば山となるという言葉の通り大きな金額になることは間違いありません。

 

お店の売り上げに直結すると言うことで今後加盟店はどんどん増えていくと予想をしています。

ビットコインの加盟店は今後増える 東京オリンピック

2020年に東京オリンピックが開催をされます。

 

その際に多くの外国人が日本へ訪れることになります。今までは日本円へ換金をしてから支払いをする必要がありましたが、ビットコインならば世界共通で換金をしなくても支払いが可能となります。

 

東京オリンピックの場合には多くの外国人が来日をして観戦を楽しむことになりますので必然と使える加盟店がどんどん増えていくこと可能性があります。

ビットコインの決済は導入されている

日本ではすでに決済が導入をされている店舗は増えてきています。

 

最近の大きなニュースだと大手の家電量販店であるビッグカメラが試験的に導入をしていますね。ビットコインを多く持っているとされている中国系の観光客が使ってくれると狙いを持っているからです。

 

他にもAmazonや楽天、コンビニのファミリーマートなどのビットコインの決済の導入を検討しているという情報もはいってきていますので日本での加盟店がどんどん増えていくことになりそうです。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)