ビットコインの今後 実用性と将来性

ビットコインの今後について書いていきたいと思います。

 

仮想通貨の中でもトップに君臨をしている仮想通貨であるビットコインですが今後はどうなっていくのでしょうか?

 

詳細について書いていきたいとおもいます。

 

ビットコインの実用に関しては徐々に広がってきており使える店舗も増えてきていることは正直なところです。

 

昨年までは日本で使える店舗は2,600店舗程度でしたが今ではどんどん増えてきており大手の家電量販店のビッグカメラなどでも使えるようになってきており話題となっています。

こちらのお寿司屋さんはビットコインの導入を早くから初めたお店として話題になっています。

 

決済はとても簡単でスマホにビットコインのウォレットと呼ばれる財布のようなものが入っていればすぐに使うことができます。

ビットコインの今後 実用性はお店側にメリットがある

ビットコインの実用性を今後後押しすると考えられているのがお店側にとってもメリットです。

 

まずビットコインの決済を導入したいと思った場合にはタブレットにビットコインのアプリを導入すればすぐに使うことができますので簡単にできること。

 

もう一つがお店側にとっては大きなメリットとなる手数料の問題です。

 

ビットコインにとっての大きなメリットとしてはクレジットカードと比較をしても支払う手数料の少なさがありますので将来的に実用化されていくのではないかと言われています。

 

クレジットカードの場合は決済に使った場合には3~6%くらいの手数料をクレジットカード会社に支払うことになります。

 

しかし、ビットコインの場合だと1~2%程度でよいので単純にお店の利益が増えるというメリットがあります。

 

例えば、お店の売り上げで月に300万円あった場合にクレジットカードだと9~18万円も手数料は必要となりますが、ビットコインの場合には3~6万円程度になります。

 

これが1年続くとかなり大きな金額になりますのでビッグカメラなども試験的に導入をしている経緯があります。

ビットコインの今後と実用性 将来の価格

このようにビットコインを使うことにより大きなメリットもあるのですが、将来的にビットコインはさらに普及をしていく可能性としては将来的な価格によると思います。

 

8月1日にハードフォークの問題なども控えていますので一気に下落をするのか?それでも50万円近くまで価格を伸ばすことになるのか?はわかりません。

 

将来の価格がビットコインの実用性の普及で大事なポイントといえますね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)