ビットコインの今後は下落をしていく

ビットコインの今後について書いていきましょう。

 

いつも高騰をしていくというような情報はよく見ているのですが、実際に暴落をしたり価格を落としていくような情報は少ない感じもしますのでここ最近2017年6月中旬に下がってきている理由について書いていきたいとお思います。

 

ビットコインが下がっている要因としては「中国」の力が大きいようですね。

 

中国の投資家や一般の人の購入や軒並み下がっているという情報が入ってきています。

 

詳細について次に書いていきたいと思います。

ビットコインの今後の下落は中国の影響

中国での取引量が下がっている要因としては、中国政府がマネーロンダリングの影響があることから一時的にビットコインや仮想通貨の取引を禁止している時期がありました。

 

その時にビットコインに目をつけた日本や諸外国の投資家の購入で一気に価格が跳ね上がりましたが、今はだいぶと落ち着いてきています。

 

その状況で中国ではマネーロンダリングに対して対策ができたことにより仮想通過の取引が再び開始となりましたのでビットコインが上がると予想をされていました。

 

しかし、残念ながら中国の投資家はビットコインの購入には踏み切らず結果的にはイーサリアムの購入に手をだしたことになります。

 

中国のビットコインに関する取引の量はピーク時と比較をしても100分の1までに下がってしまうという状況になっていますので今後ビットコインの価格の下落がさらにすすむ可能性も否めない状況となっていますね。

 

シェアも一時的に中国では8~9割を占めていたのですがいまでは2割程度と中国のシェア率は下がっていることが現状のようです。

ビットコインの今後と下落 中国の取引

中国は国境をまたぐお金のやり取りに関しては厳格に規制をしている状況となっていますが、ビットコインを使うことにより海外へ資金を逃すこともできました。

 

これがマネーロンダリングだったのですが、今でも規制は厳しい状態になっています。

 

ビットコインの購入や投資に関しては中国での国の決まりや縛りが厳しくなっているという理由からシビアに難しい状態になっていると予想をされていますので今後どうなっていくのか?と考えなければなりません。

 

北京にあるビットコインの取引所でも問い合わせは下がっている状態です。

 

ビットコインの価格の高騰は中国に動きがとても重要なので今後中国政府がどのように動くのかが注目ですね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)