ビットコインの今後 2017チャートで予想

ビットコインの今後について考えてみました。

 

2017年の流れを説明してみると、1月ごろは約10万円程度でしたが3月にETF法案が可決すると言われていたので一気に買いが進んで行ったことにより価格も上昇。

 

しかし、ETF法案が否決をされたしばらくは暴落のため10万円を切っていました。その後は徐々に回復へと進んで行ったことのより2017年の5月にはビットコインで初となる20万円を超える価格をのこしましたね。

 

このようにビットコインのチャートを過去に遡っていくだけでもいろいろな動きがありました。私も半年くらいビットコインの価格を見ていますが、暴落をしても値を戻してくる強さを持っているのがビットコインだなと思います。

 

ビットコインの値段が上がるためには需要が増えていかなければなりません。その力をビットコインは持っているといえますので世界中でどんどん普及をしていくのではないかと思っています。

ビットコインの価格の今後

東京オリンピックは2020年に有りますがそこまでは順調に上がっていくのでは??と思っています。

 

ビットコインのメリットとしては世界中のどこでの同じ価値で使うことができると言う点です。

 

そのため、海外の人が日本へ来たからといって換金をする必要はなくビットコインの財布であるウォレットをスマホへ入れておけばその場で決済をすることも可能となります。

 

これだけ便利な決済方法はクレジットカードでも無理ですし、クレジットカードと比較をしてもお店側も支払う手数料が安いので正直今の状況だとビットコインにはメリットしかありません。

 

日本でも東京オリンピックまでにどんどん上がっていくと予想をしています。

 

価格をしては希望は1BTCが100万円までいってくれれば本当に仮想通貨の価値が認められたと言えますが、現実的などころだと30~40万円くらいかなと。

 

そのため2017年内に25万円くらいまでは行くと予想をしています。

ビットコインの今後は危険

ビットコインの今後は危険だという情報はこちらに詳しく書いていますので参考にして下さい。

 

その中でも注意が必要なのは、ハードフォークですね。これはビットコインが分裂をしていくという流れになります。するとビットコインの価値も分散しますし枚数制限なども無くなりますのでその場合は暴落どころではなくなりそうですね。

 

一気に値段が落ちていくことになりますのでこの問題だけは危険ですのでビットコインの今後を考えると避けて欲しい問題と言えます。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)