ビットコインが国内の日本で取引できる

ビットコインが国内でも需要が伸びてきています。

 

その理由として考えられることはいろいろあります。ビットコインは仮想通貨の中でもトップクラスの取引量となっており、国内の日本でも使うことができる店舗が増えています。

 

最近だと大手の家電量販店であるビッグカメラが試験的に導入をしたことにより話題になっていますし、ビットコイン取引所でビットコインをもらうという方法を活用すれば、購入金額の数%が手に入るという大きなメリットがありますね。

 

ビットコインは国内でもどんどん広がってきていますので活用をする価値があります。

ビットコインは国内で投資も人気

ビットコインは国内でも投資の対象として人気になっています。

 

ここ数か月のビットコインの価格上昇の理由は、日本の投資家が一気に購入をしているという点が言われています。

 

ビットコインも昨年はここまで話題にはなっていませんでした。

 

しかし、今年に入り法案の可決などにより一気にビットコインや仮想通貨の話題やニュースが多くなっており利用をする人も多くなっています。

 

また毎日の価格変動もあるということから投資の対象としても人気になっています。

 

実際にビットコインの高騰の1つの要因として考えられていることは「日本投資家がどんどんと購入をしている」という点になります。

 

投資の対象としても利用をしている日本で2020年には国内でも東京オリンピックがきますのでさらに価格が高騰をするのでは?と言われています。

 

購入は日本の取引所でも可能となります。

 

日本だとビットフライヤーコインチェックなどが有名なのでその2つの取引所でクレジットカードやコンビニ払いをして利用をしてください。

 

取引所ならば簡単にビットコインを購入することができますのでうまく利用をしてくださいね。

ビットコインの国内でも使える店舗

最近はビットコインが使える店舗もどんどん増えてきています。

 

総合サイトだとDMM.comなんて有名になっていますね。店舗も最初のころはお寿司やさんなど一部の飲食店だけとなっていましたがどんどんと増えてきています。

 

その理由としては店舗が支払いをするお金を少なく抑えることができるという点が大きな魅力となります。

 

クレジットカードの場合は2~5%程度の手数料を売り上げに対して支払わなければなりませんでしたが、ビットコインの場合は1%程度と非常の低いのでお店側としても売り上げに直結をしますので導入をする店舗も増えていきましょう。

 

導入はタブレット1つなのでとても簡単ですね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)