ビットコインと金は類似している理由を解説

ビットコインはインターネット上で使うことができるお金のことで最近は仮想通貨と呼ばれることが多いです。ビットコインはその仮想通貨の中でも1位にいる取引量の高い仮想通貨となっています。

 

それに対して、金は誰もが知っている黄金に輝いている金です。

 

全く異なるものとなっていますが、実は金とビットコインはよく似ていると言われていますのでその類似をしているぶ分を開設していきたいと思います。

ビットコインと金の類似性

ビットコインと金の類似しているポイントをまとめてみると

・金利はつかない

・価値は需要とバランスにより決まる

・投資として利用ができる

この2つがビットコインと金の類似点と言われています。

 

金利についてはわかりやすいですが2つめのビットコインの価値はビットコインの需要と価値で決まると言う点です。

 

金も欲しい人が多ければ価値はどんどん上がりますし、手放す人が多くなれば価値は下がります。これはビットコインも同じ仕組みとなっており、ビットコインを欲しいと思っている人が多い場合(需要)の場合は価格もあがりますし、売る人が多くなれば価値は下がります。

 

どちらもお金をして実際に使うことができると言う点は大きなメリットと言えます。金もビットコインも今は持っているだけで資産になっていますのでメリットも高いです。

 

投資として利用をすることができるのもビットコインと金の価値です。安い時に購入をして高い時に売ることができればそれだけ利益がでます

 

違いといえば、金は有限。つまり手に取ることができますが、ビットコインは無限なのて手に取る事ができません。その違いがありますので理解をしておきましょう。

ビットコインと金は財産として価値がある

ビットコインも金も財産として価値があります。そのため、持っていれば今後価値が上がる可能性が高い投資の対象と言えます。

 

3月の中旬ごろにはビットコインが金の価値を一時的に超える場面もありました。しかし、先ほどもお伝えしましたがビットコインの場合は目に見えないと言う点が投資としては怖い部分でもあります。

 

急に価値はなくなったり、急に使えなくなったりする可能性もありますので投資や財産としては今は金に軍配が上がるかと思いますね。しかし、使い勝手と言う点ではビットコインになります。

 

送金や海外への持ち運びなどはウォレットを持っていればスマホさえあればOKですので利用もしやすいです。

 

類似点と相違点がありますが今は価値も高い2つですので持っておいて損はないですよ。

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)