ビットコインは危険 投資も問題点を簡単解説

ビットコインは危険。

 

そのように思っている方も多いことは事実です。しかし、なぜそのように言われているのかを詳しく解説していきたいと思います。

 

まず、ビットコインは目に見えないと言う点で危険だと言われています。インターネット上で使える仮想の通貨と言われており目で見ることはなく常にインターネットでウォレットをみての確認となります。

 

そのため、「怪しい」「危険」などと言われてきました。また、マウントゴックス社の事件で一躍ビットコインは有名になったのですが取引所が破たんをした結果怪しいとか危険。芸能人も損をしたので危険。などいろいとなことはビットコインが生まれてからあったので「ビットコインは危険」と言われるようになったのです。

 

しかし、いろいろとビットコインは危険だと言っている方のほとんどはちゃんとした知識がないと私は思っています。そこで、ビットコインの良い点と本当に危険がある部分について書いて行きたいと思います。

ビットコインは投資にも使える

ビットコインを投資目的で利用をしている方も多いです。

 

その理由はビットコインの需要と供給によって毎日の価格が変動をしています。そのため、毎日というよりもその時々で価格は大きく変動をしています。

 

投資で儲ける方法としては、安い時に購入をして高い時に売る。たったそれだけのことで利益を出すことも可能となりますので初心者でも手を出しやすい投資と言われています。

 

しかしそこに危険もあります。価格が上がることがあれば、もちろん下がるときもあります。ビットコインの場合は一日に数万動く日もあるほどなのでそこは注意をしなければなりません。

 

損をする可能性がありますので危険だとも言われています。しかし、投資とはそのようなリスクがあることです。FXや株と同じなので危険と言っても通常の投資の範囲となっています。

ビットコインとはねずみこう

このようにネットの中にはねずみこうでは?と言われていますは、これについても全く分からないですね。

 

実は世界でビットコインが普及をすることを脅威と思っている金融機関や中央銀行も多くなっています。どんどんビットコインの購入へ流れると国にお金が残らなくなりますのでねずみこうだといってビットコインが「危険だ」というよういあおっていることもあります。

 

そもそも中央銀行が存在をしていないのでねずみこうになることはあり得ないんですよね。ブロックチェーンの仕組みもありますので詐欺もできないというメリットもあります。

 

ビットコインは危険だという意見がいろいろとありますが、本質は私は違うと思っています。危険どころかこれから可能性も満ち溢れている仮想通貨と思っていますね。

 

危険といえば、ビットコインはネット上で管理をしていますのでサーバーテロやハッカーは常に狙っていると言う点で危険だと私も思っています。

 

管理は自己責任なので気を付けましょう。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)