ビットコインの決済と導入の方法

ビットコインの決済とは、ECサイト、ネットショップや飲食店などの店舗で実際にビットコインをお金をして使う方法のことをいいます。

 

決済の方法はとても簡単で、支払者はタブレットに決済の情報を入力しておきそのQRコードを読み込むことにより決済は完了します。

 

ビットコインを決済をして用いる場合に大事なことは、ビットコインを使える店舗側が準備をしておくことと、支払いをする利用者もビットコインのアプリなどをスマホへ入れ込んでおくことで支払いが完了をします。

 

現在日本で使うことができる店舗はまだまだ少ないですが、2017年4月に仮想通貨法が日本でも施行となります。施行をされると一気に日本でも仮想通貨の決済導入が始まると予想をされていますので店舗も増えていくと予想をされていますね。

ビットコインの決済を店舗が導入する方法

まずは、お店側としてビットコインを決済の方法として導入する方法をご紹介します。

 

ネット上ですべての手続きを行うため面倒だなと思う方もいると思いますが、仮想通貨の決済導入はとても簡単にできます。基本的にコインチェックのアカウントを作成します。

 

その際にタブレットなど店舗で使える物をまずは用意してください。

 

アカウント作成後、「coincheck payment」へログインをして下さい。これで準備は完了です。

店舗での支払い方法

アカウントを作成して登録をするとこの画面になります。手数料がわずか1%というあたりはクレジットカードと比較をした場合にかなり低めとなっていますね。

 

このcoincheck paymentの良い点は決済が終わってすぐに日本円に換金をしてくれるところです。そのため、ビットコインをもっていて価値が下がったので損をしたと言うことがありません。

 

ログイン画面がこちらです。ログイン後に「その場で決済」を押してください。

その場で決済をおすと、金額を入力することができる欄がありますので金額を入力して伝票を作成するボタンをおしましょう。


すると、QRコードもしくは支払いのコード(モザイクの部分)が表示をされますのでここにお客様に決済してもらいましょう。

これで導入を支払いは完了します。とても簡単ですね。

ビットコインの決済をネットショップに導入する

店舗の場合は先ほどの方法で簡単に決済を導入することができます。ショップの情報をクリックして店舗の情報を入力しましょう。

ショップの情報から中に入っていき、情報を入して下さい。

決済モジュールオプションが無事に入るとコインチェックの項目入力画面がでますので、そこからアクセスキー、シークレットキー、署名キー、入金後の処理状況などの項目を入力すればOKとなります。

 

あとはネットショップないで注文をする際にビットコインで支払うをお客さんがクリックをすると決済画面がでてきます。

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)