仮想通貨の一覧を紹介

仮想通貨と聞くとビットコイン(BTC)が出てきますが、実は世界に600種類もあるといわれています。

 

これだけ話題になっているのは、ビットコインの価格が高騰をしていると言う点と日本でも仮想通貨法が施行される日も近いと言う点で少しずつ世の中に浸透をしてきています。

 

そんな仮想通貨を見ているとビットコイン以外にも価格が上がってきているものの多くありますので、紹介をしていきたいと思います。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムはビットコインに続いて有名は仮想通貨です。価格的にも2番手にいてます。

 

コントラクト(契約)を盛り込めるようになっており、分散アプリケーションプラットフォームで提供をしています。しかし、過去にプログラムのバグによって情報を抜き取られるという事件もあったことから安全性の面で懸念をされていますね。

 

その事件以降は考え方の相違などもあり通過を分化しました。その結果「イーサリアム」と「イーサリアムクラシック」が存在をしています。マイクロソフトが注目をしている仮想通貨をして噂になっています。

イーサリアムクラシック(ETC)

先ほど紹介をしたイーサリアムから分化をしてできた仮想通貨です。

 

イーサリアムにプログラムのバグが起ったことにより抜き取られるという事件が起こってからは、ハードフォーク(修正作業)を行ったことによりできた仮想通貨です。

 

使える方法やシステムに関してはイーサリアムとほぼ変わりませんが、「イーサリアムと本来の理念が異なる」という考え方から分化をしたと言われています。ブロックチェーンが導入をされるみたいですね。

リップル(XRP)

ネットワーク上で高速の送金(安価)、トレードを実現させるために生まれた仮想通貨です。

 

金融機関が注目をしている仮想通貨をとなており、現金だと送金などの手数料がかかるのでリップルが代替えの通貨として生まれたと言われています。

ライトコイン

基本的な性能はビットコインと同じで「第2のビットコイン」と言われています。

 

ビットコインの弱点である決済スピードなどの問題点を解決された仮想通貨となっています。

Lisk

リスクと読みます。

 

イーサリアムと同じようなシステムで作られていますが、JAVAスクリプトで発行をされている仮想通貨になります。プログラム言語を活用しているため気軽に開発も可能となっています。

モナ―コイン(MONA)

モナ―コインは日本が発症の仮想通貨です。

 

巨大掲示板サイトの2ちゃんねるからソフトウェア板(Mr.watanabe わたなべ氏)によって開発されました。ネット内で良い意見などに対してお金を渡す「チップ」のような感覚で使いたい仮想通貨です。

Monero(XMR)

ビットコインよりも完全な匿名で送金を目指している仮想通貨です。匿名技術はかなり高いと言われていますね。

 

他にも星のかずほと仮想通貨は存在をしていますが、代表的なところをご紹介しました。ビットコインが最も価値が高いですが、他にも仮想通貨によって特徴がありますので参考にして下さい。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)