ビットコインはどこでも換金ができる

ビットコインはどこでも換金をすることができる便利な通貨です。

 

その特徴は絶大で、海外へ送金をしたり海外旅行へ行った場合に効果を発揮してくれますね。たとえば、日本で10万円分のビットコインを購入して海外へ行ったとします。

 

その海外でビットコインを現金に換金をした場合には手数料をほぼ支払うことなく現金を手にすることができますのでメリットも非常に高いものとなっています。

 

換金を空港などでした場合0,15円など換金をする金額によって異なりますがお金が必要となってきます。それに対してビットコインの場合はほとんどかからないメリットがあります。

レートを見て換金をする

ビットコインを換金する場合に大事なことがあります。

 

それはビットコインへと換金をした金額よりも高いレートの時に現金へと戻すと言う方法です。現金から現金へした場合に手数料もそれなりにかかりますので、換金をする側に価値は上がっていても大きく得をすることはありません。

 

しかし、ビットコインの場合はその日によって1BTCは日本円だと数百円~数千円違う場合もあります。そのため、換金をしたときよりも金額が大きくなってから現金に換えれば手数料もほとんどかかりませんのでレート次第では大きなお金になる場合もあります。

 

レ―トが下がっているなら、そのままビットコインとして持っておけばよいのです。

ビットコインの送金

ビットコインは送金費用安くなっています。

 

例えば、銀行で海外へお金を送金した場合にかかるお金は10万円だと数千円程度はかかることをなります。しかも、送金をする為に手間と時間(2~5日程度)はかかることになりますので注意をしなければなりません。

 

しかし、ビットコインならすぐに送金が可能となります。

 

ブロックチェーンの関係で多少は時間がかかるかもしれませんが、着金がすぐに確認をできると言う点でもメリットの高い方法と言えますね。手数料も200円程度をなっていますし時間もインターネットが繋がっていればすぐに可能となります。

 

そのようなメリットもありますのでとても便利な方法と言えますね。

 

もちろんこの方法は自分にもメリットがあります。たとえば、海外旅行へ行くとなった場合に自分でビットコインのウォレットへお金を入れておきましょう。

 

そのウォレットから海外へ行ってから換金をすれば手数料も手間もなく現金を手にすることができます。もちろん、レート次第で利益がでている可能性もありますし、国によってはそのままビットコインとして使うことができます。

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)