ビットコインの価格変動が大きい理由

ビットコインの価格変動が大きいと言われていますが、たしかにとその通りですね。

 

特に2017年は仮想通貨元年や仮想通貨バブルと呼ばれているように価格が一気に急上昇をしていきました。

 

ビットコインも1月の頃には10万円程度となっていましたが、6月には30万円という水準が普通になっていますし、2位のイーサリアムも1月は1,000円程度だった価格が6月には40,000円近くまで上がっていくという驚きの伸びをみせました。

 

しかし、ずっと安定をしているわけではなく価格も大きく変動をすることもありますね。

 

ビットコインも最高価格が35万円近くまで行ったのですが、急落をして数日で25万円近くまで下がることもありました。

 

このような価格変動の秘密についてかいていきたいと思います。

ビットコインの価格変動の理由と秘密

ビットコインの価格変動の理由ですが、まずはビットコインの価格の決まり方に意味があるみたいですね。

 

その価格の決まり方としては、需要と供給によるバランスが大きいです。

 

実際にビットコインを購入するとなった場合にはたくさんの人が現金をビットコインに変更して購入をすることになります。

 

多くの人がほしいと思えば高くなりますし、たくさんの人が手放せば価格は下がっていくという感じになりますね。

 

理由としては「市場への投資家や参加者も不安」「ストップ高、ストップ安がない」という点です。

 

市場への投資家や参加者が不安

正直ビットコインが今後どうなっていくのか?ということは非常に読みにくいです。

 

株は会社の状況などを見極めることにより、ある程度予測もたちますがビットコインの場合や予測もたちにくいという点が大きなデメリットといえますね。

 

「価格があがりそう」と思ったら急落をしたり、「暴落をしそう」と思ったら急上昇をしたりということがあるので市場に参加をしている人もなかなか読めないのが現状で売り買いがすすむため価格の変動が激しいといわれていいます。

ストップ高、ストップ安がない

 

株式投資の場合には、あまりにも大きな価格変動が起こった場合には仕組みとしてストップ高、ストップ安という仕組みがありますので一日の間の変動に関してよい範囲を決めることができます。

 

しかし、ビットコインの場合は需要が伸びればそれだけ価格も高騰をしますし、売りが進めば暴落になります。

 

未知な中で取引をしていますので今後どうなっていくのか目が離せない状態になりますが、価値をして今後さらに爆発をする可能性も秘めています。

 

実際にビットコインを購入してミリオネアになった人もいることは事実ですので今後どうなっていくのか?気になるところです。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)