海外送金の手数料がビットコインは安い

海外送金をよくする方には朗報です。

 

実は仮想通貨であるビットコインを利用すれば送金手数料と銀行よりも抑えることが可能となりますね。しかも、着金も圧倒的に早いのでビットコインがおすすめです。

 

海外送金をする理由としては、海外へ留学をしている子供為に。出張で海外に言っている父親のために。親戚が海外に住んでいるので援助をする為に。などそれぞれいろいろな事情があります。

 

確かに仮想通貨が登場するまでは普通に銀行から送金の手続きをする方法しかなかったのですが、デメリットしかありません。

 

1つ目は手数料は高い。

2つ目はお金を送金するまでに時間がかかる。

 

例えば、海外に住んでいる子どもにお金を何とかしてほしいと言われてもすぐにはお金を届けることができませんでした。

海外送金の手数料と日数

海外送金にかかる手数料と日数について比較をして見ましょう。今回はアメリカに日本円で送ると言うことを想定して計算をして見ました。

銀行 ビットコイン
送金手数料 4,750円  数十円程度
着金日数  1~3営業日  約10分程度

銀行送金の手数料の内訳。

・送金手数料 750円

・海外中継銀行手数料 1,000円

・円貨送金手数料 3,000円

 

銀行の手数料の内訳はこのようになっています。10万円を送金するだけも約4,500円もかかるので結構高く感じますね。しかし、ビットコインの場合には一回数十円程度なので圧倒的な安さがあります。

 

また、送金にかかる時間も少ないのが特徴です。銀行の場合は営業日内で1~3日程度なので土日祝日を挟むとさらに長くなります。しかし、ビットコインは約10分程度。これはマイニングにかかっている時間です。

 

銀行の場合はその後に日本円からアメリカ$に換金をしなければなりませんので、換金手数料がさらに数百円がかかります。しかし、ビットコインの場合はその時によって価格が変動をしています。

 

そのため、送金をしてもらっても換金手数料は数十円程度。また、換金をするときに送金をしてもらったときよりも価格が建かければ10万円以上のお金を受け取ることができます。

海外送金はビットコインならインターネットで可能

海外送金はとても簡単です。

 

インターネットを利用してすぐに出来ます。相手もビットコインの口座を持っていることが条件となりますが、番号を入力して送金をすればすぐにできます。

 

そのため、海外へ送金をするとなった場合に「すぐに欲しい」と言う声があったとしても可能となりますね。正直、銀行で送金をするメリットがありません。

 

ビットコインなら手数料も安いですし、すぐにお金が到着をしますのでぜひ活用して下さい。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)