Jコインは日本初の仮想通貨

Jコインが話題になっています。

 

Jコインとは日本のメガバンクや地方銀行などが協力をして作る新しい仮想通貨の名前になっています。

 

発行が決まったわけではなく、今後広がっていくであろうという話になりますね。

 

しかし、現状の仮想通貨はビットコインがトップに君臨している状態で今後はどうなっていくのか?目を話すことができないということになります。

 

中心をなっているのはみずほフィナンシャルグループでゆうちょ銀行などすべてで70行を集めて勉強会などを開くなど積極的な動きを見せています。

Jコインも仮称なのですが、その特徴はビットコインのように価格の変動がないという点です。

 

そのため、ビットコインのように安い時に購入をして高い時に売るという方法はしない方向で、日本円をJコインに換金しておくことによりスマートフォンへJコインを入れておけばどこでも決済をできるように持っていきたいというのが狙いのようですね。

 

もちろん個人間でのJコインのやり取りも可能となります。

 

国内の銀行連合が取り組む経緯としては、東京オリンピックが開催される2020年を見据えて現金ではない決済方法として導入をする必要があったためです。

 

今はスマートフォンの決済はアップルペイが主流となっていますが、そこに日本独自の通過をして参入をしておきたい思惑があるようですね。

 

個人的な感想としては、Jコインを導入する必要はあるのかな?と思います。

 

別に日本円とクレジットカードがあれば今の現状は維持をすることができますし仮想通貨の決済を導入するならビットコインやイーサリアムなど今ある仮想通貨で十分だと思います。

 

Jコインを普及させるよりも日本中でビットコイン決済を進めるほうが良いのではないかと思いますが・・・。

 

あと、現金をわざわざJコインへ換金をする手間は必要なのでしょうか?

 

ビットコインの仕組むがわかっているだけにあまり意味がないのではないかとかんじますが・・・。

 

Jコインを導入するメリットとしてはお店にJコインで支払いをする場合にお店側は手数料がかからないというメリットがでてきます。

 

それならばJコインを使うメリットがなければ今のままでいいと感じる方が多いと思いますね。

 

しかし、日本で作られている仮想通貨ということでセキュリティなどを万全にすれば安心感という点は大きいと思います。

 

今後Jコインが本当に実現をして使えるようなるのかが重要なポイントになりそうですね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)