ico仮想通貨とは?買い方と投資家のメリット

ICOが話題になりつつあります。

ICOについては「ICOで仮想通貨が買える?日本での今後の予定」に詳しく書いておりますので参考にしていただければとおもいますが、もう一度おさらいのために書いていきましょう。

ICOとは?

ICOとは「Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開」の略です。

資金調達をしたい企業や事業プロジェクトが、独自の仮想通貨を発行もしくは販売をし、資金を調達する手段(プロセス)のことを指します。

つまり、資金調達をしたい人が独自の仮想通貨を発行をして投資家はその仮想通貨を受け取るということになります。

投資家には「コイン」や「トークン」と呼ばれるデジタル通貨(資産)を購入してもらい、原則として対価は支払われません。

別名「クルドセール」や「プリセール」、「トークンセール」などとも呼ばれ、株式を利用した従来の方法(IPO:新規株式公開)以外の資金調達手段として注目を集めています。

新規ビジネスを立ち上げるとなった場合には、その個人もしくは会社の信用がなければ資金調達は非常に難しいです。

例えば、1000万円規模の事業をするために借金をしたいと思っても、借入をするにはかなりの壁がありますし、利息は高くなったり、結果的に500万円しか融資をしてもらえないなど結果として事業がうまくいかない可能性もあります。

しかし、ICOを利用することにより、銀行などの融資と比較をした場合には比較的簡単に資金調達ができるというメリットが生まれます。

資金がほしい企業は仮想通貨を発行し、投資をしたい投資家は仮想通貨を購入する形で資金を援助する。

いわばビジネスの投資を仮想通貨でするというイメージになります。

ICOを発行する会社のメリット

ICOを行いたい企業にとってのメリットがいろいろとありますので紹介をしましょう。

この中でも、個人的にうれしい部分は

「個人でも資金調達が可能」

「利子の支払いがない」

「ネットを介して利用ができる」

という3点です。

他にもメリットについてまとめてみました。

・集めた資金は配当を支払う必要がなく、利子の支払いもない。

・小さなベンチャー企業や個人でもICOの利用が可能である。

・集めた資金に株式(会社の所有権)を発行する必要がない。

・インターネットを利用してグローバルなマーケットを相手に資金調達でき、支払いも仮想通貨のため、インターネット上で払い込みなどの手続きが完了する。

・投資対象となる事業の価値や考えを投資家に提示する必要がないので手間も省ける。

・投資サイドは小額からの資金提供ができるため、いろいろなビジネスに投資が可能。

・投資家は購入したトークンやコインをインターネット上でいつでも転売可能すれば損害を最小限にできる。

投資家たちにとっても大きなリスクは少なく、いつでも転売をできるという点は非常に便利な方法です。

そのため、大きな損害がでそうと感じた場合にはすぐにトークンやコインを売ってしまえばよいわけです。

ICOの手順と方法

ICOを実際に行いたいと思った場合には、以下の4つの手順を行うことから始まります。

基本的にICOで資金調達をする企業は、独自のトークンやコインを発行します。

投資家はそのトークンもしくはコインを購入して他のイーサリアムなどの仮想通過を交換が可能となりますので便利です。

もちろん一度だけでなく、継続して利用が可能になりますね。

では、具体的なICOの手順について書いていきましょう。

1,アナウンス

ICOを行いたい企業もしくは個人は、仮想通貨の市場にいる投資家へ向けてトークンの発行を周知する必要があります。

一般的ないい方はホワイトペーパーと呼ばれる目論見書のようなものを発行し、企業の事業やプロジェクトの魅力を宣伝して資金調達を行います。

これを見て投資家は投資をするかを判断することになりますので、ホワイトペーパーはとても重要な要素になるといえますね。

<ホワイトペーパーの詳細>

2,オファー

ICOをした企業もしくは、個人は特定の人物や投資家に対して契約条件を書いているオファーと呼ばれる内容書を提示します。

投資家はこのオファーでホワイトペーパーの内容をより理解して、投資をする額、投資をする期間を検討していきます。

もちろんこの際にトークン発行者(ICOを希望する企業もしくは個人)が詳細な条件を規定にして開示も行われます。

3,PR活動

ICOを行うということは資金もないためです。

これは裏を返せば知名度も実績もないということになりますので、「企業のPR活動」はとても重要な要素になってくると言われていますね。

例えば、実績がないく若い経営者がICOで資金を調達したいと思っているならば「型にとらわれず、潜在的な可能性を秘めている」というようにポジティブな言い回しをすることで効果も高くなります。

ここは投資家へのアピールポイントなのでぜひ活用をしていきましょう。

4,トークン販売開始

ブロックチェーンをしたトークンを実際に販売しましょう。

方法は2つです。

・オファーで開示した最低金額を獲得した段階でトークンをリリースし、当該投資家に分配する方法

・それぞれの仮想(暗号)通貨取引所でトークンを個別販売する方法

ICOの成功事例

もちろん誰もが資金調達に成功をするわけではありませんが、実際にうまくいった事例もあります。

中には「募集から30秒で3,500万ドルに相当するトークンの販売に成功」会社もありますので、夢のある投資ビジネスではないかと思いますね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)