ico仮想通貨が日本からも登場をしている理由

ICO仮想通貨が話題になっていますね。

その理由はICO仮想通貨で資金の調達方法の基本は一気に崩れており、今後大きな躍進をしていく可能性が高いことから話題になっています。

ICO仮想通貨が開始をなったのは2017年で一気話題となり爆発的に伸びており、日本でも資金調達の方法として今最も旬な方法だとして話題にですね。

もっとICOについて知りたい方は「ICOで仮想通貨が買える?日本での今後の予定」を参考にしてください。

ICO仮想通貨について金融庁注視している

今年は仮想通貨バブルと言われている年になっており、爆発的に価格が伸びており仮想通貨ミリオネアと呼ばれる人たちが一気にでてきています。

特に注目をされているのがビットコインで、今年の1月の時点ではたったの10万円程度だったのですが、たったの1年で価格は200万円を超えています。

この短期間で約20倍となるような投資対象はないことから、世界的にも最も注目をされている通過であるといえます。

そんな仮想通貨で資金調達や投資として急激に進歩をしていることから、日本の法律などの整備も進んでいないことから金融庁がいろいろと動いていますね。

先日、日本で資金調達法であるICOを利用して短期間でなと100億円を手に入れるようなことも当たり前のように起こっていることから今後目が離せないというのは正直なラインですね。

(※テックビューロ(大阪市)が6日まで実施したICOでは約109億円を集めました)

金融庁は仮想通貨を正式な通貨として認めたわけではないのですが、すでに仮想通貨の交換取引所の登録制は導入をしています。

これは世界でも最も早い取り組みとなっているのですが、今後さらに価格を上げていくと予想をされているビットコインはどうなっていくのでしょうね??

ICOは日本がリードをしているって本当?

金融庁の動きはこんな風にゆっくりとしているのですが、実際にICOをうまく活用しているのは日本だと言われています。

日本はかなり積極的ですが、中韓などは消極的という点も日本はリードをしている理由だと言われていますね。

2018年になると普通に世の中の人がICOという言葉を口にするようになる可能性も高いことから今後も目が離せないというのは正直なところですし、ベンチャーややりたいことがあるけれどもなかなか参入ができないという方にとってはICO仮想通貨は魅力的です。

大阪のテックビューロは非常に良い事例を作り上げたと言われていますね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)