ICOはビットコインや仮想通貨で資金調達ができる仕組み

ICOは、最近とても話題になっている資金調達の方法となっています。

その理由は、新規で事業を立ち上げたい、知名度もないけれどもお金を借りたいという人が資金を調達するための方法です。

資金がほしい人は、ホワイトペーパーと呼ばれる自分の事業がいかに素晴らしいものなのかを書いている用紙を作成して、投資家の目のとまるようにします。

投資家はホワイトペーパーをみて、期待の出来そうな人へ仮想通貨のイーサリアムやビットコインをつかって投資をします。

しかし、投資家も仮想通貨で投資をする代わりに、トークンやコインなどのデジタル通貨を購入することになりますので原則としては対価は支払われません。

今までの株式を利用した以外の方法での資金調達方法として非常にニーズがあります。

過去の成功事例として、依頼主はそれなりの実績のある人ですが世間からすると認知度もそこまで高くない人が30秒間で3,500万ドル。

つまり350億円ほどと短時間で調達に成功をしたという経歴もあります。

今後資金調達をしたいならば、完結に、スムーズにICOを利用するほうがメリットが高いのかもしれないですね。

icoで投資をする方法

icoはすでに日本でも開始をしており、資金調達の方法として徐々に浸透しつつあります。

購入の方法はいたってシンプルです。

ホワイトペーパーを確認して投資をするかの判断をするだけとなりますのでとても簡単です。

最近話題の投資先はMOOVERです。

ホワイトペーパーがでていますのでぜひ参考にしてください。


すでに爆発的に資金調達がうまくいっているとの情報が入ってきていますので、今後はさらに伸びていく可能性もあります。

投資をするなら今がチャンスなのかもしれないですね。

ちなみの投資をして手にいれたコインやトークンの使い道になりますが、投資家はそれで得た仮想通貨をビットコインなどへ買い替えるという方法をとっています。

その理由はビットコインの価格がここ最近爆発的に伸びており、この記事を書いている2017年12月3日現在で約120万円近い価格になっています。

これは異例の価格となっていますし、今後もさらに伸びていく可能性も高いので投資家としてはビットコインを手元に持っておきたいという狙いがあるようですね。

ICOはこの後さらに伸びていく可能性もありますので、常に注目をしておきましょう。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)