ビットコイン普及の理由と使い方

ビットコインは今後ますます普及をしてくるでしょう。

 

その理由はいろいろあるのですが、1つ目はすでに日本でも通貨としての価値があると判断されており今後も利用をするお店が増えてくるという理由です。

 

使えるお店が増えると言うことは、利用者にとっても使いやすい仮想通貨となりますので必然的に普及をしていきます。

ビットコインを店舗が導入をするメリット

実はお店がビットコインの利用を促進していくことにはメリットがあります。それは「手数料を安く抑える」ことができると言う点です。

 

ビットコインとクレジットカードの最大のポイントはお店が支払う手数料になります。クレジットカードのショッピングも実際にお金を支払っている(目で見ていない)感覚はないのでビットコインと差は有りません。

 

しかし、それを現金に戻す場合にクレジットカードの場合だと5~10%ほどの手数料はかかります。それに対してビットコインの場合は1%程度と言われています。たとえば10万円の売り上げがあったとしてもクレジットカードの場合は5,000~10,000円程度の手数料が必要となりますが、ビットコインなら1、000円程度ですので売り上げが9,000円も変わります。

 

これが1人ですが、10人になれば・・・。100人になれば・・・。莫大な収益になりますのでお店は利益を上げるためにもどんどん普及をさせたいでしょう。お店は支払いを受けたビットコインを現金にすぐに戻してもかまいませんし、そのまま持っておいて会計をした日よりも相場の高い日に換金をすればさらなる利益を見込めます。

 

これが海外に送金などにも適用をされることで、銀行を通じた海外送金の場合は数千円の手数料がかかりますが、ビットコインの口座であるウォレットからウォレットへ送金をすれば手数料は10円程度となります。

 

ショッピングから海外送金まで幅広い使い方が可能なビットコインのメリットは高いものとなっていますね。

ビットコインの普及は今後どうなる

ビットコインの普及ですが、日本では遅いと言われています。実は海外ならばカナダのAmazonでもすでに使えます。

 

日本のAmazonもすでに決済方法として考えており、導入も年内には入るのではないでしょうか。Amazonが決済方法にビットコインを入れると言うことは、楽天、Yahoo!ショッピングも導入せざる負えない形となりますのでネットショッピングはすべて使えるようになるでしょう。

 

また、コンビニのファミリーマートはすでに導入へ動き出していると言われています。コンビニの大手ファミマが使えるとなると、セブンイレブン、ローソンも導入をしてくるでしょう。

 

このようにビットコインの輪が今後は広がってきますので普及も急展開するのではないでしょうか?

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)