ビットコインの普及 日本の店舗数

ビットコインは仮想通貨として話題になっていますが、現在どれくらい普及をしているのでしょうか?

 

2017年3月の情報になりますが、色々と調べてみましたので参考にして下さい。ビットコインはインターネット上で最も取引をされている仮想通貨として人気になっています。

 

時価総額は1兆円を超えていると言われており、(100億ドル)仮想通貨の市場の8割をビットコインが占めていると言われています。2位の仮想通貨であるイーサリアムと比較をした場合に時価総額の差が歴然と差があります。

 

日本では仮想通貨法という法律が2017年の4月に施行をされる予定となっていますので、今後日本でも普及をしていくのでは?と言われていますね。

ビットコインの普及は日本でどうなる?

現在日本でビットコインを使うことができる店舗は約2600店舗と言われています。

 

まだまだ使える店舗はすくなくなっていますが、今度どんどん日本でも普及をしていくと言われています。その理由としては、ビットコインは世界でも通用する仮想通貨となっており、換金も可能となっています。

 

2020年に日本は東京オリンピックを控えていますので、その時にたくさんの外国人が日本の貨幣に換えるためには手数料が必要ですが、ビットコインの場合には手数料はほぼ不要となります。

 

そのため、各国の人たちはビットコインで日本へ持ちこんできますので日本でも使える店舗が増えていくと言われています。また、お店側としてもメリットがありクレジットカードと比較をした場合に現金に換える手数料の明らかな差が生まれます。

 

お店側にも利用者にも手数料を抑えることができるというメリットがありますので日本でも今後は普及をしていくのではと言われていますね。新聞などでは日本中で2017年中に2万店舗まで増えていくのでは?と予想がされています。

ビットコインの普及は楽天から

ビットコインの普及は世界でも予想をされており、アメリカのAmazonが導入をするのでは?と言われています。そうなると、日本のAmazonでも導入をすることとなりますね。

 

Amazonが使えるとなると通販会社の楽天やYahoo!ショッピングも導入をすることになりますのでどんどん日本でも使える幅が広がっていくのではないでしょうか?

 

使えるようになれば、国内でも最大のbitflyerなどで口座を持っていればいつでも利用が可能となります。今後のビットコインの普及率から目が離せないですね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)