ビットコインで不動産が購入できる

ビットコインは仮想通貨として人気を集めており、今では1ビットコインあたり45万円~50万円程度の価格となっているコインです。

 

そんなビットコインですが、今年に入り価格も爆発的に高くなっていますね。

 

2017年1月の現状では1ビットコインあたり10万円程度でしたが、ETFの法案否決、ハードフォークなどのいろいろな問題を乗り越えながらもなんとか今では45万円程度(2017年9月現在)に価格を伸ばしています。

 

使えるお店も今年1年でどんどん増えており、家電量販店のビッグカメラやマルイグループ、リクルートグループなどがどんどんと使えるようにしていましたね。

 

今後オリンピックへ向けてさらに期待ができるビットコインですが、なんと今回は不動産の購入まで行けることになりそうです。

 

不動産の前にビットコインのメリットとデメリットについてもう一度おさらいをしておきましょう。

 

ビットコインは仮想通貨で需要が増えれば価格も上昇しますし、売却が進めばビットコインの価格は下がっていきます。

 

良い時と悪いと気がありますしね。

メリット デメリット
現金と同じように使える 交換レートによって変動を受けやすい
手数料を抑えられる 日本での普及はまだまだ
匿名性が高い 犯罪にも安易に利用ができる危険性がある
世界中で利用が可能 処理スピードに問題があり

ビットコインのメリットとデメリットについてまとめてみました。

 

ビットコインは良い時もあれば悪い時もあることは正直な感想です。

 

不動産となると大きなお金が動くことになりますのでできれば大きな資金をビットコインで準備をする必要がありますね。

 

実はビットコインが日本でも不動産の投資に使えることにきまりました。

 

不動産事業などを手掛けているJITホールディングスは9月11日にビットコインやイーサリアムで不動産の購入ができる「ビットコイン不動産投資決済サービスを導入することになりました。

 

不動産の仲介料金だけでなく、物件の代金もすべて決済が可能になりますのでビットコインにとっては革新的な決済方法といえます。

 

対象物件は国内外の不動産で値上がりしたビットコインなどを他の資産の振り替えたい、不動産投資をしたいが現金がないという方にビットコインを使いたいというニーズに対応をするようです。

 

このようになるため1000万円などをビットコインで用意をするとなると少しでもレートの安い時に購入をして不動産には高い時に使いましょう。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)