ビットコインの半減期とは

ビットコインの半減期とは発行枚数に関する言葉となっています。

 

ビットコインは上限枚数が決まっています。2100万枚以上となっており、それ以上の枚数は発行をされる事がありません。発行枚数はパソコンで一括管理をされており、2100万枚になるのは2140年ごろになると予想をされています。

 

発行をされる枚数が下がっていくと言うことは、それだけ価値が上がっていくと言うことになりますので今後はもっとビットコインが注目されることになるでしょう。

 

本題のビットコインの半減期について話をする為に、まずはビットコインのはじまりについて書いて行きたいと思います。

ビットコインのはじまり

ビットコインの始まりは、サトシナカモトと言う人が「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」という論文を発行したことが始まりとなっています。

 

この論文に

・管理者が発行をする仕組みでないこと(中央管理がない)

・暗号処理で安全性を担保しよう(ブロックチェーン

 

などが書かれており、この論文に触発をされた有志のプログラマーが開発をしたのが始まりとなっています。発行は2009年に始まったと言われています。

 

ちなみにナカモトサトシさんが日本人なのか?また、外国人なのか?実在の人物なのかわかりせん。

 

ビットコインは2009年に発行をされました。その後1BTCの価値が1セント(約1.2円)程度となっていました。

 

その後2010年に2枚のピザと1万BTCと交換をされたのが始まりだと言われています。今ではビットコインの価値は1BTCあたり12万円程度となっていますので12億円の価値が生まれていると言えますね。

ビットコインの半減期の最初

 

ビットコインの発行は2009年に始まり、その後2016年までに世の中に出回るビットコインが発行をされました。

 

2009年~2016年までに全体の50%

2016年~4年で全体の25%

2020年~4年で全体の12・5%

2024年~4年の全体の6.25%

2028年~4年で全体の3.125%

2032年~4年で全体の1.5625%・・・

 

と4年に1度ずつビットコインの発行枚数が少なくなっていきます。これが「半減期」を言われていますね。半減期が来ると、マイニング(採掘)をしている人にとってデメリットが生まれます。

 

マイニングは新しい取引を見つけた人が「この取引は正しいのか?」を判断する行為となっています。その行為が正しいものかの判断を1番にチェックをいれた人にビットコインをもらうことが出来る仕組みですが、これが終わるのではと言われています。

 

今後発行枚数は増えることは有りませんのでその後にどのように影響が出てくるのか?楽しみです。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)