フィンテックの意味を解説

ビットコインについていろいろと調べていると必ず出てくることばが「フィンテック(Fintech)」ですね。

 

ブロックチェーンやマイニングと同じような名前に感じますが、実は全く違った意味となりますのでこのページではフィンテックについて書いていきたいと思います。

 

ビットコインを扱いたいのなら、フィンテックの意味についても知っておく方がよいですね。

フィンテックの意味は?世界で通じる

フィンテックの意味は世界でも通じるものなのでしょうか?

 

まず。フィンテックとは?から入って行きたいと思います。

フィンテック(Fintech)とは?

ITを使ったグローバルなサービスのことと言います。金融の意味の「Finance」と技術を意味する「Technology」の意味をあわせて作られた造語になりますね。

最近ではフィンテックという言葉が金融ITに会社でも適用をされることがあります。そのため、フィンテックは金融テクノロジーそのものをさすような言葉とも言えますね。

 

造語をかいていますが、もちろん英語としてもきちんと伝わる言葉ですので海外でも安心をして使ってください。ちなみにフィンテックという言葉が日本で出てきたのはつい最近です。

 

特に仮想通貨が出てきてから使われたり書籍として並ぶようになりました。アメリカでは5年以上も前から使われている言葉となってます。

フィンテックのトレンドサービスとは?

フィンテックはグローバルな金融サービスということはわかっていただけたかと思いますが、言葉だけではあまりピンと来ないですよね。

 

実はフィンテックはすでに私たちの身近な存在をして近くに来ていますので実際に今使うことができるフィンテックをご紹介します。

スマートフォンを使ってのカード決済

これが一番身近なフィンテックになります。スマホなどに小さな機械を付けることによりその場でクレジットカード決済ができる便利な機械です。

 

Squareや楽天スマートペイなどが有名なところですね。今まではお店でも大きなクレジットカードを読み取る機械が必要でしたが、今では小さな器具のみで可能となっています。

クラウド家計簿

普段使っているクレジットカードや電子マネーを使っていればそのまま自動で家計簿へ書かれるというサービスです。一つずつレシートを見てにらめっこをする必要も無くなりましたのでITのおかげです。

 

自営業の会計も一発でできますので便利ですね。

複数のクレジットカードの一本化

たくさんクレカ、キャッシュカードを持っていると管理が大変。そんな方におすすめのものをフィンテックで開発されています。

 

それが、複数のカードを1枚にまとめることができる電子カードです。名前はStoratos、Plastcなどと言いますね。そんな便利な方法となっています。

 

他にも電子マネーはもちろんですし、ネットバンクなどもフィンテックです。

 

つまり、ITのグローバルを活用して世の中の便利と作っていくことがフィンテックと言えますので理解をしておきましょう。仮想通貨もある意味フィンテックかもしれないですね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)