ビットコインとイーサリアム

ビットコインとイーサリアムと聞くと仮想通貨とイメージする方も多いと思いますが、実際に大きな違いは何でしょうか?

 

知名度の高い仮想通貨のビットコインについていろいろと調べてみました。

 

どちらも言えることはインターネット上で管理をされている仮想の通貨であると言うことです。そのため、目には実際に見ることができませんので理解をしておきましょう。

 

では、ビットコインとイーサリアムについて書いて行きたいと思います。

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額

イーサリアムはビットコインに次ぐ仮想通貨として知名度も徐々に上がってきています。

 

そのイーサリアムですが、実はビットコインを超えるのでは?と言われている仮想の通貨として人気を集めていますね。ビットコインはすでに価値も上がってきていますが、イーサリアムがまだまだ不明な点も多くなっています。

 

そこで、このページではイーサリアムについて詳しく書いて行きます。

 

イーサリアム(Ethereum)はオープンソースプロジェクトの開発の始まりのプラットフォームとして2015年7月に正式にリリースをされたものです。

 

今後の期待を背負っている仮想通貨の一つですがブロックチェーンの仕組みを活かした様々なアプリケーションを動かす場としてこの世に誕生をしました。

 

イーサリアムの単位は1イ―サと読みます。売り出した時は1イーサが26円程度だったのですが、最近は2000円を超えてきていますので価値も100倍近くになってきていますのでビットコインのあとを追いかけてくるのではないかと予想をされていますね。

 

しかし、まだ課題もあり2016年6月に事業ファンド「The DAO」がハッキングを受けて巨額のイーサリアムを失うという事件もありましたのでセキュリティの面ではビットコインの方がまだまだ有利ですね。

 

ビットコインに続いて時価総額2位のイーサリアムの今後に期待をしたいです。

ビットコインとイーサリアムの違い

ビットコインとイーサリアムの大きな違いは、まだまだ価値としてビットコインの方が高いと言うことと安全面ですね。

 

イーサリアムはハッキングで盗まれる可能性がありますが、ビットコインのマウントゴックス社の事件はただの横領だったので安全性は高いものとなっています。

 

しかし、将来的にビットコインだけでは発展もしませんのでイーサリアムもさらに発展をしてくると予想がされますので気になるところですね。

 

ビットコインとイーサリアムがライバル関係になればもっと仮想通貨が世の中に流通をしてくると思います。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)