ビットコインと電子マネーの違い

ビットコインと電子マネーがよく似ていると言われますが、実は全く違うものとなっていますので理解をしておきましょう。

 

しかし、違いや特徴については正直わかりにくい点もありますのでビットコインと電子マネーの違いについて調べてみましたので紹介をしたいと思います。

 

どちらもお金をさわることなくお金をして使える点で似ていると言う方もいることは事実です。私も実際に調べてみるまで大きな違いについてわからないことも多かったので紹介をしたいと思います。

ビットコインと電子マネーの比較

ビットコイン 電子マネー
発行者 なし 使うカードの企業
持つことができる人 ビットコインの口座を持っている人ならだれでも可能。

保持するためにはビットコインの口座を開設することが必須となる。

誰でも可能。

電子マネーを入れるためにカードを保持しておくこと。

発酵上限枚数 2100万枚(インフレに強い) 企業が発行する限り上限なし
単位 1ビットコインはその日の価格による

(最小単位は0.00000001btc)

円と同じで1円が電子マネーの1円になる。
価値の裏付け 本質的な価値や安心材料はなし

ただし、使う人が増えること。つまり需要が増えれば

価値もどんどん上がっていく。

企業の規模による。

信用力は使う電子マネーにより異なる。

使える場所 制限なしで世界で普及しつつある 発行をしている企業や加盟店
譲渡について 世界中誰でもOk 不可
払い戻し ビットコインを売ることにより現金に戻すことができる 原則不可
送金手数料 世界中に送金をしても約数円~数十円程度 譲渡が出来ないので送金も不可
破綻 ビットコインのシステムに対してサイバー攻撃

ビットコインを使う人がいなくなる

発行企業の倒産

 

このように比較をして見ると明確な違いがでてきます。

 

ビットコインの最大の特徴はインターネットで上で世界中の誰もが利用をする事が出来ると言う点です。送金などの手数料に関しても圧倒的に安くなっていますね。

 

それに対して電子マネ―は使える範囲がある程度限られてしまいます。加盟店のみとなりますので日本の国内でも使えない場所もありますね。

 

利用に関してはビットコインはまだまだ決済を出来る店舗などが少ないです。それに対して電子マネーは加盟店ならば利用がどこでも可能となります。

 

電車に乗車することもできますし、物を購入することもできますので利便性では今のところは電子マネーに軍配が上がっていますね。

 

今後のビットコインの動きによって大きく日本でも変わってくることでしょう。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)